ホンダは、1959年6月に日本の二輪車メーカーとして初めてマン島TTレースに参戦してから60年の節目を迎えたことを記念し、世界各地で記念イベントを行う。

1954年にホンダ創業者の本田宗一郎は、当時の世界最高峰であるロードレース世界選手権(WGP)のマン島TTレースへの出場を宣言。5年後の1959年6月3日、同レースの125ccクラスに「RC142」で出場した。

また、1964年には四輪車の最高峰レースであるF1のドイツGPに、ロニー・バックナム選手が「RA271」で参戦。その後も世界の頂点を目指したレース活動を続けてきた。

同社は、マン島TTレース参戦から60周年となる今年を「Honda Racingアニバーサリー・イヤー」とし、記念イベントを数多く実施する。

まずは二輪オランダGPが開催されるアッセンにて6月28日に、WGP参戦60周年セレモニーを開催する。1961年に西ドイツGPで日本人として初優勝した高橋国光氏、1980年代にGP500クラスで活躍したフレディ・スペンサー氏、1994~98年にGP500クラスで5年連続チャンピオンとなったミック・ドゥーハン氏、そして現役のマルク・マルケス選手ら、特別ゲストを招いてセレモニーを行う。

また、MotoGPクラスにエントリーする「RC213V」の車体に、参戦60周年シンボルマークを掲示。それ以外にも、スーパーバイク世界選手権や鈴鹿8耐に参戦するマシン、モトクロスやトライアル、各種四輪レース参戦車両にも同マークを展開していく。また、オランダGPでは、Moto3に参戦する「Honda Team Asia」のマシンが、1961年のWGPで初優勝した「RC143」のカラーリングで走行する。

アッセンでは、60周年を記念したデモンストレーションランも実施。高橋国光氏がRC142(1959年マン島TTレース参戦車の復刻車)に、ミック・ドゥーハン氏が1989年モデルの「NSR500」でデモランを行う。

さらに、7月4日から7日までイギリスで開催される「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」では、RC142、NSR500、RC213Vのほか、四輪車のマクラーレン・ホンダ「MP4/4」(1988年にドライバーとコンストラクターズの両方でチャンピオンを獲得)によるデモ走行を行うほか、今年の鈴鹿8耐やMotoGP日本GPでも、記念イベントを開催する予定。

RC162 に乗る高橋国光選手(1961年)《写真 ホンダ》

RC162 に乗る高橋国光選手(1961年)《写真 ホンダ》

1964年ドイツGP、RA271とロニー・バックナム選手《写真 ホンダ》

1964年ドイツGP、RA271とロニー・バックナム選手《写真 ホンダ》

NSR500のフレディ・スペンサー選手(1985年)《写真 ホンダ》

NSR500のフレディ・スペンサー選手(1985年)《写真 ホンダ》

NSR500のミック・ドゥーハン選手(1998年)《写真 ホンダ》

NSR500のミック・ドゥーハン選手(1998年)《写真 ホンダ》

世界選手権参戦60周年シンボルマーク《写真 ホンダ》

世界選手権参戦60周年シンボルマーク《写真 ホンダ》