日産自動車は、7月6日からテレビ東京系で放映開始される、円谷プロダクション製作の新TVウルトラマンシリーズ『ウルトラマンタイガ』にSUVの『エクストレイル』を提供すると発表した。

エクストレイルはウルトラマンタイガの劇用車として、円谷プロダクションがデザインした特別な装いで登場。主人公「工藤ヒロユキ」が所属する警備組織「E.G.I.S.(イージス)」の警備車として活躍する。強さとアグレッシブさを兼ね備えたエクストレイルのイメージが、E.G.I.S.とともに現場に急行する「相棒(バディ)」としてマッチするとして、今回の起用に至った。

日産からの円谷プロダクションへの車両提供は、2014年より継続。『ウルトラマンギンガS』(2014年)および『ウルトラマンX』(2015年)では、電気自動車『日産リーフ』と『e-NV200』を、ウルトラマンXではさらに電気トラック『e-NT400テストトラック』を提供した。また『ウルトラマンオーブ』(2016年)では『セレナ』も登場。 今回、ウルトラマンタイガでも、ウルトラマンとともにパワフルに活躍するエクストレイルに注目だ。

ウルトラマンタイガ《写真 円谷プロダクション》

ウルトラマンタイガ《写真 円谷プロダクション》

ウルトラマンタイタス(向かって右)《写真 円谷プロダクション》

ウルトラマンタイタス(向かって右)《写真 円谷プロダクション》

ウルトラマンフーマ《写真 円谷プロダクション》

ウルトラマンフーマ《写真 円谷プロダクション》

『ウルトラマンタイガ』《写真 円谷プロダクション》

『ウルトラマンタイガ』《写真 円谷プロダクション》

ウルトラマンタイガに登場するエクストレイル《画像 日産自動車》

ウルトラマンタイガに登場するエクストレイル《画像 日産自動車》