青・白・黒ストライプのスリーブに入った消しゴム、たいていの人はすぐに思い浮かべることができるだろう。このトンボ鉛筆『モノ消しゴム』デザインにラッピングされた2階建てロンドンバスが19日、東京都内を走り出した。

トンボ鉛筆がモノ消しゴムを商品したのは1969年。青・白・黒のトリコロールは、現在ではMONOブランドを象徴する「モノカラー」として、修正テープやシャープペンシルなどにも広く採用されている。モノ消しゴムは2011年に、グッドデザイン・ロングライフデザイン賞を受賞した。また、モノカラーは2017年3月、特許庁第一号の「色彩のみからなる商標」として登録された。

モノカラー登場50周年を記念して、モノ消しゴムにラッピングされたロンドンバスが都内を周遊している。期間は19~21日、時間は12時00分~19時00分、場所は渋谷、原宿、表参道地区。さらに週末の22・23日には無料で乗車できる。時間はいずれの日も12時30分~18時30分、場所は渋谷~原宿間。乗車場所は原宿が明治通り沿い竹下通出口付近、渋谷が明治通り沿い宮下公園付近。

今日から都内を周遊しているモノ消しロンドンバスの様子静かに過ぎ去っていく様子はさすが消しゴム(?)明日明後日も渋谷~原宿エリアを走っています!さらに22日(土)と23日(日)にはこのバスに乗れるイベントも開催!詳細はこちら→https://t.co/tz657ozk8u #モノカラー50周年 pic.twitter.com/zjcFcs3O8p— トンボ鉛筆 (@tombowpencil) 2019年6月19日