写真:丹羽孝希(左・スヴェンソン)と伊藤美誠(スターツ)/撮影:ラリーズ編集部

<ライオン卓球ジャパンオープン荻村杯(札幌) 2019年6月12日~6月16日>

14日、ジャパンオープンが3日目を迎え、各種目で決勝トーナメントが始まった。混合ダブルスの1回戦には、丹羽孝希(6月世界ランキング13位・スヴェンソン)/伊藤美誠(同7位・スターツ)組が登場し、プエルトリコのペアにゲームカウント3-1で勝利を収めた。

地元開催であることもあり、試合前に客席に手を振る姿も見せていた丹羽が良いプレーを披露。第4ゲーム9-9のネットインを拾った丹羽/伊藤組が逃げ切り、8強入りを決めた。

張本智和(同4位・木下グループ)/早田ひな(同35位・日本生命)組は、相手棄権のため不戦勝。丹羽/伊藤と同じく準々決勝に駒を進めた。

両ペアの混合ダブルス準々決勝は14日17時30分より行われる予定だ。ともに4強入りなるか、目が離せない。

ジャパンOP3日目 混合ダブルス1回戦結果




写真:丹羽孝希(奥・スヴェンソン)と伊藤美誠(スターツ)/撮影:ラリーズ編集部

〇丹羽孝希/伊藤美誠 3–1 AFANADOR Brian/DIAZ Adriana(プエルトリコ)
11-6/11-9/11-13/11-9

○張本智和/早田ひな 不戦勝 PISTEJ Lubomir/KUKULKOVA Tatiana(スロバキア)

文:ラリーズ編集部