WRC第8戦イタリアは6月13日(木)、サービスパークが置かれるアルゲーロから北にあるオルメド近郊のコースでシェイクダウンテストを実施。シトロエンC3 WRCのセバスチャン・オジエがトップタイムをマークし、2番手にはトヨタ・ヤリスWRCのオィット・タナック、3番手にヒュンダイi20クーペWRCのティエリー・ヌービルというトップ3となった。

SS5/9の一部を使って行われるシェイクダウンのコースは、鉱山会社の敷地内からスタートする3.92km。ところがコース終盤にある狭いゲートにヒットするマシンが続出することに。Mスポーツ・フォードのエルフィン・エバンスやシュコダ・ファビアR5エボのカッレ・ロバンペラも接触してしまっている。なかでもシトロエンのセバスチャン・オジエは最初の走行で左リヤサスペンションを傷めてしまい、フィニッシュ後にマシンをストップ。サービスからの救援を待つハメになってしまった。

そのオジエはマシンを修復すると、鮮やかにトップタイムを更新。タナックを0.9秒上まわる3分ジャストで走り切ってみせた。多くのドライバーが3回走行するなか、久々の実戦となるユホ・ハンニネン(トヨタ・ヤリスWRC)はマシンの感触を確かめるように4回走行。9番手タイムをマークしている。

あくまでもテストながら、選手権を争う3人が上位を分けあうかたちとなったシェイクダウン。本番でも目の離せない戦いとなりそうだ。オジエ、タナック、ヌービルに続く4番手には、今回からヤルモ・レーティネンをコ・ドライバーに迎えたMスポーツ・フォードのテーム・スニネン(フォード・フィエスタWRC)、トヨタのクリス・ミーク、第6戦チリ以来の参戦となるヒュンダイのアンドレアス・ミケルセンが同タイムでつけている。

WRC2プロはカッレ・ロバンペラ(シュコダ・ファビアR5エボ)、WRC2は勝田貴元(フォード・フィエスタR5)とオーレ・クリスチャン・ベイビー(フォルクスワーゲン・ポロGTI R5)がそれぞれトップタイムをマークしている。

ラリーは13日17時(日本時間14日0時)のSS1イッティリ・アレーナ・ショー(2.00km)で開幕。本格的なグラベルステージは、14日金曜日のSS2からスタートする。

WRCイタリア シェイクダウン暫定結果
1. S.オジエ(シトロエンC3 WRC) 3:00.0
2. O.タナック(トヨタ・ヤリスWRC) +0.9
3. T.ヌービル(ヒュンダイi20クーペWRC) +1.7
4. T.スニネン(フォード・フィエスタWRC) +2.7
5. K.ミーク(トヨタ・ヤリスWRC) +2.7
6. A.ミケルセン(ヒュンダイi20クーペWRC) +2.7
7. J-M.ラトバラ(トヨタ・ヤリスWRC) +2.9
8. E.エバンス(フォード・フィエスタWRC) +3.0
9. J.ハンニネン(トヨタ・ヤリスWRC) +3.4
10. E.ラッピ(シトロエンC3 WRC) +4.8
11. D.ソルド(ヒュンダイi20クーペWRC) +5.0
16. 勝田貴元(フォード・フィエスタR5) +10.0