写真:長崎美柚(JOCエリートアカデミー/大原学園)/撮影:ラリーズ編集部

<ライオン卓球ジャパンオープン荻村杯(札幌) 2019年6月12日~6月16日>

12日開幕したジャパンオープン、女子シングルス予選トーナメント2回戦が行われた。早田ひな(6月世界ランキング35位・日本生命)、森さくら(同101位・日本生命)、安藤みなみ(同31位・十六銀行)、長崎美柚(同39位・JOCエリートアカデミー/大原学園)、木原美悠(同60位・JOCエリートアカデミー)が、13日の予選3回戦へと駒を進めた。

長崎は「一番良かったのが心の準備。1ゲームとったのがすごく大きくて自信になった。メンタルが安定していたから技術を思い切って出すことができた。今の試合は久しぶりにいい試合をしたなあと感じた」と2018年世界ジュニア・シングルス準々決勝で敗れた蘇珮綾(同161位・チャイニーズタイペイ)との試合を振り返った。

また、「結果よりも目の前の試合を全力でプレーしたい。観客のみなさんにいいプレーを見せたい」と2日目以降への意気込みを語った。

ジャパンOP初日 女子シングルス結果(一部)




写真:早田ひな(日本生命)/撮影:ラリーズ編集部

<女子シングルス 予選2回戦>
○早田ひな 4-0 MUKHERJEE Ayhika(インド)
11-1/11-6/11-1/11-8

○森さくら 4-0 呉穎嵐(中国香港)
11-8/11-7/11-1/11-7

○安藤みなみ 4-0 SURJAN Sabina(セルビア)
11-3/11-7/11-4/11-8

○長崎美柚 4-1 蘇珮綾(チャイニーズタイペイ)
11-7/11-6/11-7/7-11/11-3

○木原美悠 4-0 DIAZ Melanie(プエルトリコ)
11-9/11-3/11-5/11-1

文:ラリーズ編集部