F1グランプリ第7戦カナダGPの決勝レースが9日、モントリオールのジル・ビルヌーブサーキットで開催され、セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)がトップチェッカーを受けるも5秒加算のペナルティで結果が逆転、ルイス・ハミルトン(メルセデス)が優勝した。

ポールポジションスタートのセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)が序盤からレースをリード。スターティンググリッド通り、ルイス・ハミルトン(メルセデス)、シャルル・ルクレール(フェラーリ)がそれに続く展開となった。

ハミルトンはピットストップの際に逆転を試みるも順位は変わらず、ベッテルの背後から終始プレッシャーを掛け、オーバーテイクの機会を伺った。そして迎えた48周目、ベッテルがコースオフを喫し、ハミルトンの走路を妨害する形でコースに戻りトップを守ったが、この行為によりベッテルに5秒加算ペナルティの判定。

終盤、ベッテルはハミルトンとの差を5秒以上に広げようとするが、逆にハミルトンがその差を縮め、最終的に1.3秒差でチェッカー。タイム加算により順位は逆転し、ハミルトンが今季5度目の優勝を飾った。

終盤、3位のルクレールもペースを上げベッテルとの差を縮めたが最終的に6秒の差があり、レース結果は2位がベッテル、3位がルクレールとなった。

以下、6番グリッドスタートのバルテリ・ボッタス(メルセデス)が4位、9番グリッドスタートのマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)が5位、4番グリッドスタートのダニエル・リカルド(ルノー)が6位でチェッカーを受けた。

ホンダ勢はピエール・ガスリー(レッドブル・ホンダ)が8位、ダニール・クビアト(トロロッソ・ホンダ)が10位で、5位のフェルスタッペンを加え3台が入賞。アレクサンダー・アルボン(トロロッソ・ホンダ)は残念ながらリタイヤとなった。

F1カナダGP 決勝結果
1. ルイス・ハミルトン(メルセデス)
2. セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)
3. シャルル・ルクレール(フェラーリ)
4. バルテリ・ボッタス(メルセデス)
5. マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
6. ダニエル・リカルド(ルノー)
7. ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)
8. ピエール・ガスリー(レッドブル・ホンダ)
9. ランス・ストロール(レーシングポイント)
10. ダニール・クビアト(トロロッソ・ホンダ)
11. カルロス・サインツ(マクラーレン)
12. セルジオ・ペレス(レーシングポイント)
13. アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)
14. ロマン・グロージャン(ハース)
15. キミ・ライコネン(アルファロメオ)
16. ジョージ・ラッセル(ウィリアムズ)
17. ケビン・マグヌッセン(ハース)
18. ロバート・クビサ(ウィリアムズ)
以上完走
--. アレクサンダー・アルボン(トロロッソ・ホンダ)
--. ランド・ノリス(マクラーレン)

F1カナダGP《photo by Getty Images》

F1カナダGP《photo by Getty Images》

F1カナダGP《photo by Getty Images》

F1カナダGP《photo by Getty Images》

F1カナダGP《photo by Getty Images》

F1カナダGP《photo by Getty Images》

F1カナダGP《photo by Getty Images》

F1カナダGP《photo by Getty Images》

F1カナダGP《photo by Getty Images》

F1カナダGP《photo by Getty Images》

F1カナダGP《photo by Getty Images》

F1カナダGP《photo by Getty Images》

F1カナダGP《photo by Getty Images》

F1カナダGP《photo by Getty Images》