レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップの2019年シーズン開幕戦が2月に行なわれてから、およそ4カ月。衝撃の発表はあまりに突然だった。

 レッドブル・エアレースは2019年シーズンをもって終了する――。

 レッドブル・エアレースの公式発表によれば、レース開催は今季限りで、しかも今季行なわれるレースは、カザン(ロシア)での第2戦、バラトン湖(ハンガリー)での第3戦、千葉での第4戦と、残り3戦のみとなったのである。

 ファンはもちろん、パイロットをはじめとするチームスタッフですら、寝耳に水の決定だったが、発表直後、室屋義秀は「チャンピオンシップの年間戦略を修正しながら、現在のリーディングポジションを維持できるよう全力を尽くす。他のことは考えず、100%レースに集中していく」とコメントを発表している。

 レッドブル・エアレースの終了はもちろん、残念である。だが、レースに臨むパイロットが勝負に集中しようとしている以上、見る側も残り少ないレースを最大限に堪能すべく、準備をしておきたいところだ。

 そこで、6月15、16日にロシア・カザンで行なわれる今季第2戦を前に、主に今季から変更となったオーバーGのルールに焦点を当て、室屋が”ポールトゥウィン”で制した開幕戦(UAE・アブダビ)をあらためて振り返りたい。




UAE・アブダビでの開幕戦で勝利した室屋(中央)photo by Joerg Mitter / Red Bull Content Pool

 まずは、オーバーGのルール変更について、簡単におさらいしておく。

 昨季までのルールでは、最大重力加速度が12Gに達した時点でDNF(途中棄権)。10G以上12G未満の場合は、0.6秒以内であればノーペナルティだった。

 そのため、ほとんどのパイロットが「11.5Gくらいまで一度かけて、0.6秒以内に9.5Gくらいまで戻し、もう一度11Gをかけて、0.6秒以内に戻す、ということをやっていた」(室屋)。公式映像で解説をしている、元・世界チャンピオンのポール・ボノムが「ダブル・プル」と”命名”したことで、その名が定着した操縦技術だ。

 実はこのダブル・プルは、室屋が2014年シーズンの終わりくらいから取り入れ始めたテクニックだ。

「それをやり始めたことで、僕が2015年から速くなったので、他のパイロットも取り入れるようになった。2017年はやっていないパイロットもいたが、昨年はほぼ全員がやっていた」

 ただ、ダブル・プルは「わずかな時間に急激なGの変化が、ガン、ガン、ガンと起きるので、体に悪いし、機体への負担もやさしくはない」と室屋。しかも、機体の性能が上がっているのでコントロールが難しく、安全性という観点からも好ましいものではなかった。

 そこで室屋が所属するチーム・ファルケンをはじめ、数チームがルール変更を提案していたところ、反対するチームはなく、それが今季実現したというわけだ。

 今回のルール改正では、12Gに達した時点でDNFとなるのは同じだが、時間に関係なく、11Gを超えなければノーペナルティとなった。室屋曰く、「10.5Gでずっとキープしてられるので、(操縦桿を)戻さなくていい。ただ、飛び方が違うので、この制御が結構難しい」。

 室屋は、右手の親指と人差し指でわずかな隙間を作り、「戻さなくてもいい、と言っても、操縦桿の位置にすれば、これくらいの差しかない」と言い、こう続ける。

「どうしてもマッスルメモリー(筋肉で覚えた感覚)で動いてしまうし、実際のレースになれば、Gをかけたほうが速いので(操縦桿を)引きたくなってしまう。12Gを超えたらアウトなのは今までも同じなので、それを超えることは少ないが、(今までは11Gを超えても、0.6秒以内ならノーペナルティだったので)11Gで止めるのは難しい。相当練習するか、機械的なサポートシステムが必要になる」

 そのサポートシステムについては「詳しいことは言えない」と、口をつぐむ室屋だが、開幕戦の結果については「準備の差で違いが出たんじゃないかな」と、余裕の弁だ。

 では、今回のルール変更は、パイロットにはどう受け止められているのだろうか。

 ノーペナルティの制限が10Gから11Gに引き上げられた分、基準が緩くなったとも言えるし、0.6秒以内であろうと11G以上をかけることができなくなった分、厳しくなったとも言える。果たして、実際のところはどうなのか。

 今季開幕戦で見られた現象から判断した、現時点での室屋の結論はこうだ。

「どちらかと言えば、”上限が下がって厳しくなった”のではないかと思う。10.5Gに合わせてキープするといっても、実際はターンで速度が落ちてくるので、それに合わせてGも下がる。その変化に合わせて操縦桿の位置をビシッと決めて、同じGをキープするのは……至難の業と言ってもいい」

 それは、開幕戦でオーバーGのペナルティが多発したことからも想像がつく。理屈のうえでは、少しGを落とせばいいだけの話でも、昨シーズン最終戦からわずか3カ月程度の準備期間で適応するのは、それほど簡単ではなかったということだ。

 もちろん、今後、各パイロットの新ルールへの対応が進めば、ダブル・プルに代わる新たな操縦法が生まれる可能性も十分にあるだろう。

 続いては、室屋が開幕戦を前に、いかなるオーバーGの対策を講じたのか。それを実際のレースにおけるセクタータイム(各ゲート間のタイム)を用い、具体的に検証してみたい。

 以下に挙げるのは、今季開幕戦のファイナル4における、優勝した室屋と2位のマルティン・ソンカ(レッドブルチーム・ソンカ)のセクタータイムを比較したものだ。

 数値は、各ゲート間の両者のタイム差を示し、単位はすべて秒。タイム差は室屋を基準とし、+の数字は、室屋がソンカを下回った(ソンカのほうが速かった)ことを表し、-の数字は、室屋がソンカを上回った(室屋のほうが速かった)ことを表している。



開幕戦のコース photo by Red Bull Media House GmbH/ Red Bull Content Pool

【G1-G2】-0.009
【G2-G3】+0.010
【G3-G4】(バーティカルターン)+0.069
【G4-G5】+0.002
【G5-G6】+0.007
【G6-G7】+0.051
【G7-G8】(ハイGターン)-0.125
【G8-G9】-0.034
【G9-G10】-0.050
【G10-G11】(バーティカルターン)-0.133
【G11-G12】+0.034
【G12-G13】+0.008
【G13-G14】+0.122
【G14-G15】(ハイGターン)+0.045
※同コースを2周。G1からG8までが1周目で、G8からG15までが2周目。G1は図の右上で左回り

 最初に注目したいのは、最初のバーティカルターン(垂直方向の旋回)である「G3-G4」のタイム差である。ここで室屋は、ソンカに0.069秒も後れている。前後のゲート間のタイム差と比較しても、ここだけ数値が飛び抜けている。

 一般論で言えば、ターンの時にはGをかけたほうが速い。だから、パイロットはGをかけてターンをしたくなる。

 だが、Gをかけ過ぎればペナルティ。そのさじ加減が、各チームのレース戦略ということになる。

 機体の加速性能に自信を持つチーム・ファルケンは、ターン時のスピードをあまり重視していない。例えば、ペナルティぎりぎりの10.9Gまでかければ速いのはわかっているが、制限いっぱいまで利用しようとすると、気流の影響などで11Gを超えてしまう危険性があるからだ。

 むしろバーティカルターンでは無理をせず、スムーズな旋回を重視し、その後の加速につなげる。このG3-G4のセクタータイムにこそ、チーム・ファルケンのレース戦略が明確に表れていると考えていいだろう。

 そして、その後は両者のタイム差が僅少となり、(G7手前での強い追い風を考慮し、G6-G7で安全なラインを選択した室屋が再び0.051秒の後れをとるものの)、G7-G8以降、室屋が戦略通り、徐々にリードしていく様子がうかがえる。

 ただし、昨季の世界チャンピオンも、簡単には引き下がらないあたりはさすがだった。

 G9通過の時点でトータルタイムでも室屋に先行を許し、徐々に差を広げられていたソンカだったが、G11-G12以降は、再びセクタータイムで室屋を上回っている。

 特に(G13-G14は、G6-G7同様の理由があるとしても)G14-G15で0.045秒も室屋を上回った点は、特筆に値する。

 強い追い風で流される危険性がありながらG14に角度をつけて入り、なおかつ、通過した瞬間、フィニッシュゲート(G15)方向へ一気に機首を向ける。パイロンヒットとオーバーGのリスクを承知で、勝負に出たセクターだったのだろう。最終的なタイムは、室屋が53秒780で、ソンカが53秒783とわずか0.003秒差。冷や汗をかかされた室屋も、ソンカの戦略と技術には舌を巻く。

「ゲート14をギリギリで抜けた瞬間に、グッと(フィニッシュゲート方向へ)入っていく。オーバーGギリギリだったけど、あそこで大きくタイムが縮まった。(強風などの)条件を考えれば、ラッキーな部分もあったのかもしれないが、相当難しいことをやっているのは確か。ゲート14でペナルティが多かったのに、マルティンがコントロールできているのは、G対策のシステムができていたからだと思う」

 ちなみに、レッドブル・エアレース公式サイトでは、ファイナル4のゴースト映像(複数のフライトをひとつに合成した映像)が下記で見ることができる(https://airrace.redbull.com/en/rewatch-races/abu-dhabi-2019-r8-f4 ソンカのフライトは49分30秒あたりから)ので、それと合わせてセクタータイムの差を見ることで、両者の戦略の違いがさらによくわかるはずだ。

 2月の開幕戦から、異例の長期インターバルを挟んだことで、おそらく他のチームも新ルールへの対策が進んでいるに違いない。

 ショッキングなニュースで水を差される形にはなったが、室屋の2シーズンぶりとなる覇権奪還を占ううえでも、注視しておきたいポイントである。