6月6日(木)東京六大学春季フレッシュリーグ法大戦 @明治神宮野球場

適時二塁打と適時三塁打を放つなど大活躍を見せた山本晃

フレッシュリーグ最終戦の相手は法大。優勝はなくなったものの、若き慶大ナインは気合十分で試合に臨んだ。初回から相手投手が四球を連発し、無安打のまま3点の先制をした。流れに乗った慶大はその後も得点を重ね、最終回には2点を挙げた。結果、7-1という大差をつけて勝利。これからに期待がふくらむ試合となった。

初回は相手の失策から始まり、法大先発による4者連続四球や6番・朝日晴人(環1・彦根東)の犠飛により3点を先制し流れは完全に慶大に傾いた。対する慶大先発は昨年のリーグ戦先発経験もある森田晃介(商2・慶應)。安定したピッチングで初回から3者凡退に抑えた。2回裏では法大に得点を許してしまうが、4回表には新美の三塁への好送球などもあり、依然として慶大リードのまま試合は折り返す。

初回に犠飛を放った朝日

続く5回表、先頭打者の萩尾匡也(環1・文徳)が中前打で出塁すると、続く山本晃大(総1・浦和学院)が右中間へ適時二塁打を放ち、1点を追加して点差を広げた。6回表は新美貫太(政2・慶應)が四球を選び出塁するも併殺打に終わり、3番・橋本典之(環2・出雲)の左二塁打も後続が倒れ得点にはつながらず。

先発を務めた森田晃は6回1失点の好投を見せた

投げては森田晃が好投を続け6回1失点、7回裏からは生井惇己(総1・慶應)が登板し、140キロ超の直球で法大打線を圧倒した。最終回は、代打の青木大周(政1・慶應志木)が内野安打を放つと絶好調の山本晃が右越え適時三塁打、さらに代打で起用された岩城真三郎(総2・光泉)が中前適時打を放ち、この回ダメ押しの2点を追加した。その裏は今季のフレッシュリーグで好投を続けている丸谷浩太郎(総2・國學院久我山)が登板し、法大に逆転は許さなかった。

今季のフレッシュリーグは丸谷の好投が光った

優勝こそ逃したものの、1勝もできなかった咋春のフレッシュリーグから考えるとかなりの進歩が見られた。そして平日にも関わらず、客席では多くの3、4年生が見守っていた。得点が入るたびにベンチ、客席問わず喜ぶその姿はまさに、チーム一丸で戦っているのだと感じさせてくれた。フレッシュリーグ、リーグ戦ともに終了し、令和最初の春は幕を閉じた。どちらも優勝とはならなかったが実りの多いシーズンになったことだろう。夏を越えてさらに強くなった慶大野球部に会える日が楽しみだ。

 

(記事:左近美月 写真:小嶋華、小林歩)