春季フレッシュリーグ 対明大
2019年6月5日(水)
神宮球場

接戦を勝ち切れなかった前日から一夜明け、行われた今日の明大戦。フレッシュリーグでの勝ち越しに向け、先発は古屋敷匠眞(営2)に託された。すると、古屋敷がこの期待に応え、被安打1、11奪三振で圧巻の完封勝利。打線が6回に泥臭く取った1点を守り切って勝利し、明日の最終戦へとつなげた。

戦評

前日の早大戦では最終回に勝ち越しを許し、無念の敗戦を喫した法大。フレッシュリーグで勝ち越すためにも、何としても2連勝で終わりたい状況の中、明大との試合を迎えた。

今日の先発はリーグ戦でもベンチ入りを果たした古屋敷匠眞(営2)。先日の東大戦では中継ぎで登板し2失点を喫したが、今日は圧巻の投球を見せる。最大のピンチは2回だった。5番・天野翔太を死球で出すと、2死としてから7番・山田陸人に中前打を放たれ、一、三塁に。しかし、「古屋敷さんの良いボールを投げさせることができれば、抑えられると思っていた」と、今日先発マスクを被った大柿廉太郎(法1)が語った通り、持ち味である直球を軸に投げこんだ古屋敷は8番・五十嵐寛人を見事三振に切って取る。

しかし、明大先発・柳澤憲人も同じく好投を見せる。5回までは互いに無得点で緊迫した状況となっていたが、6回、法大が均衡を破る。今季絶好調の齊藤大輝(人1)が左前打で出塁すると、すかさず盗塁に成功。代打・中原輝也(人2)も右前打でつなぎ、無死一、三塁の好機を作り出す。ここで打席に立ったのはここまで2三振の3番・神野太樹(キャ2)。「(ここで)点が取れなかったら引き分けか負けで終わるなというのは自分で思っていた」と覚悟をもって打席に入った神野の打球は詰まりながらも二塁手の右横へ。これが適時内野安打となり、泥臭く1点をもぎ取った。

3回からの古屋敷はまさに『圧巻』だった。3回から7回までは全て三者凡退。走者を出したのは8回の死球によるもののみで、明大打線を完璧に封じ込めていた。最大の持ち味である力強いストレートで押すこと加え、スプリットやカットボールを有効に使い、うまく打たせることもできていた古屋敷。最後まで崩れることなく、終わってみれば被安打1、11奪三振と明大打線を圧倒。見事な完封劇で法大の勝利を呼び込んだ。

見事な完封劇を見せた古屋敷

見事に接戦を勝ち切った法大。明日はついに今季の最終戦となる。秋季フレッシュトーナメント、また、リーグ戦につなげるためにも、ここでもう一つ、何かをつかみたい。法大の春を良い形で締めくくり、明るい秋への足掛かりとすることができるか。若き法大戦士たちに期待がかかる。 (山﨑有馬)

クローズアップ:古屋敷匠眞

「(どんな場面でも)抑えるようなピッチャーになっていかなければいけない」。試合後、熱い想いで意気込んだ古屋敷匠眞(営2)。敗戦投手となった東大戦とはまるで別人のように今日は圧巻の投球を見せた。

古屋敷の持ち味はMAX152㌔の力強い速球で相手をガンガン押してねじ伏せる投球だ。しかし、東大戦では相手の雰囲気にのまれてしまい、本来のピッチングができず敗戦投手に。その敗戦を踏まえ、今日はイニングの先頭をしっかりと打ち取り、2アウトをとってからも丁寧に投げることを意識して試合に臨んだ。その結果、「今日はストレートを中心にうまく変化球を使って抑えることができた」と十分に持ち味を出し切り、一皮剥けたような完璧な投球を披露。9回を無失点、被安打1と相手を寄せ付けない投球を見せ、大学では自身初となる完封勝利を掴みとった。

「失敗は成功のもと」。まさにその通りだ。東大戦での救援失敗を生かしての今日の活躍。古屋敷にとって東大戦での敗戦は大きな意味を持つ試合になっただろう。法大の未完の大器から来季こそはどんな場面でも抑える本物のエースに。そして、来季こそはリーグ優勝へ。古屋敷のさらなる活躍が楽しみで仕方がない。 (髙橋尚輝)

選手インタビュー

古屋敷 匠眞 投手
—今日の試合を振り返って

今日はストレートを中心にうまく変化球を使って抑えることができたのでよかったです。 —試合前のコンディション ブルペンではそんなによくなくてしっかり丁寧に力で押しながらも変化球でうまくかわしていけたらと思っていました。

—9回被安打1で完封しました
初めて大学にきて完封することができたので素直に嬉しいです。

—今日具体的によかった点
自分の持ち味のまっすぐで押すことができましたし、そのあとの変化球も打たすことができたのでよかったと思います。

—完封は意識されましたか
全く意識せずに回の先頭をしっかりとるとか、ツーアウトとってから丁寧にというのを意識して投げました。

—先日の東大戦では失点してしまいました
あの場面は東大と接戦ということで雰囲気が東大よりで自分が雰囲気にのまれてしまったので、今日はそれを挽回することができてよかったと思います。

—東大戦の反省を踏まえて
今日は絶対に抑えないとリーグ戦でも抑えられないと思いますし、抑えるようなピッチャーになっていかなければいけないと思うのでそこをしっかり自覚を持ったり、今日投げさせてもらえるということに責任感を持って投げることができました。

—今後投げたいところ
今日先発してみて抑えることができたので、先発でいけたらいいと思います。

—同学年の三浦選手はリーグ戦で活躍しています
銀二がリーグ戦でもう投げていて活躍している中で、同級生としてやっぱり負けられないとは思っていいて、その中で今日は銀二の足元には全然及びませんが少しでも結果を出すことができてよかったと思います。

 —チームの雰囲気
今日はすごく雰囲気もよく守備を頑張って守ってくれて、攻撃もチャンスをしっかりいかしてくれたので雰囲気はよかったです。

—今後の目標は
リーグ戦でチームに少しでも勝利に貢献できるように頑張っていきたいと思います。

—秋に向けて
秋はリーグ戦で優勝できるように自分のストレートを磨いて150㌔以上でいきたいと思います。

—ファンの方々へ向けて一言お願いします
法政をまた優勝させて、また強豪にできるように頑張りたいと思うので応援よろしくお願いします。

 

大柿 廉太郎 捕手
—今日の試合を振り返って

「守り勝つ野球」という理想の形で試合を運べたので、そこはバッテリーとしては一番良い勝ち方だったと思います。

—初スタメンとなりました
体の調子はもともと良かったです。試合前から古屋敷さんと組むということは言われていて、日ごろの練習からブルペンに入って(古屋敷選手の)ボールを捕っていたので、ある程度抑えられる自信はありました。

—古屋敷選手との相性もあってスタメンに抜擢された
そうですね。古屋敷さんが、自分に投げやすいということを言ってくれていたので、それもあったと思います。

—古屋敷選手の調子は
とにかく真っすぐは走っていたので、今日はそのボールを主体でいこうということを2人で話していて、(それに加えて)スプリットだったり、カットボールだったりというのが思うようにストライクに入っていたので、テンポよく行けたと思います。

—得点圏走者を置いた場面は2回の一、三塁のピンチのみでした
古屋敷さんの良いボールを投げさせることができれば、抑えられると思っていたので、古屋敷さんには「良いボールを投げましょう」という声かけをしました。それにしっかり応えてくれて、良かったです。

—打撃では第1打席にチーム初安打を放ちました
真っすぐに張っていて、インコースに厳しめのボールが来たんですけど、詰まりながらもセンター前にもっていけて良かったです。今日打てるかは不安だったんですけど、打ててほっとしました。

—明日の最終戦に向けて
試合に出ても出なくても、チームが勝つように全力で最後、やっていきたいと思います。


神野 太樹 外野手
—今日の試合を振り返って

苦しかったので、あそこ(6回の好機)で1本打ててというか、泥臭く1点を取ることができて良かったなと思います。

—明大先発・柳澤の印象は
すごくコントロールが良くて、変化球もキレが良くて、自分は3番で警戒してくるなということはわかっていたんですけど、攻めというのが下位打線と違って変化球しか投げてこないという感じで、意識しすぎてしまったところが、今日打てなかった原因なのかなと思います。次に向けての良い収穫だと思うので、明日、同じような結果ではチームの迷惑になるので、そこは切り替えていければよいと思います。

—6回の一番大事な場面で結果を出しました
齊藤(大)、中原とつないでくれて、あそこで点が取れなかったら引き分けか負けで終わるなというのは自分で思っていました。今日の目標というのが「泥臭くても勝つ」ということだったので、派手なヒットではなくても、詰まった内野安打という泥臭い形で打つことができたので、そこは満足して良い部分なのかなと思います。

—明日の最終戦に向けて
明日がフレッシュ最終戦なんですけど、明日の結果とか、明日でつかんだものというのが秋のリーグ戦だったり、新人戦につながってくると思います。今後の大学野球人生というところまでを考えて、明日はいろいろな収穫を得れるように、ただただ試合をするのではなくて、しっかりと考えてプレーをしたいなと思います。

フォトギャラリー

均衡を破る適時内野安打を放った神野
大柿はスタメン起用に応え古屋敷をうまくリードし、チーム初安打も放った
昨日に続き安打を放った小池
6回の攻撃前には神野を中心に円陣を組んだ
盗塁を決め、好機を呼び寄せた齊藤大
右前打を放ち、好機を拡大させた中原
先制のホームを踏んだ齊藤大を迎えるベンチ
投手戦を勝ち切り、明日の最終戦へとつなげた