写真:吉村真晴(名古屋ダイハツ・左)、吉村和弘(東京アート)/撮影:ラリーズ編集部

<ITTFワールドツアー・香港オープン 2019年6月4日~6月9日>

5日、香港オープン2日目、男子シングルスの予選3回戦に吉村真晴(6月世界ランキング32位・名古屋ダイハツ)、吉村和弘(同49位・東京アート)が登場。偶然にも兄弟が隣同士の台で決勝トーナメント進出をかけた試合に挑むこととなった。

兄・真晴はリョウ・シンテイ(同116位・チャイニーズタイペイ)に対し、1ゲームを奪われるも危なげない戦いぶりで4-1で勝利。一方、弟・和弘もパベル・シルセック(同58位・チェコ)を相手に、デュースへもつれた2ゲームともを制し4-2で勝利。吉村兄弟揃って決勝トーナメント進出を決めた。

吉村兄弟、試合後のコメント




写真:隣の台でプレーする吉村兄弟/撮影:ラリーズ編集部

兄・真晴は「シングルスの状態は良い。ここ最近、予選通過は出来ているが、決勝トーナメント初戦の壁が厚いので次こそは勝ちたい」と次戦に向けて力強いコメント。

また、弟・和弘と隣のコートでの試合について「スゴイ音してるなぁ、バックドライブだろうなぁと思って聞いていた。兄弟で出て、お互い勝つことが出来ていい一日になった。今はオリンピックの代表選考のことしか考えていない。自分の卓球人生を懸けて残りの半年間の代表選考レースを戦い抜いていかないといけない。シングルスで、自分がどうやったらもっともっと上で戦えるかを意識してコートに立っている」と弟の活躍を気にかけるとともに、自身の五輪代表入りに向けた心中を明かした。

弟・和弘は「昨年の香港オープンで優勝したことは今はあまり意識していない。予選2試合は、世界ランクは自分より低い選手だったが、油断すると負ける相手。7ゲームマッチということで余裕を持ちながらも自分らしくプレーできた。(兄と隣のコートでの試合について)自分の試合に集中していて、あまり意識していなかった」とコメント。兄弟隣同士の台でのプレーになったが、試合に集中し落ち着いてプレーできたようだ。

「(大会直前にエントリーが決まったことについて)昨年優勝していたのでずっと出して欲しいという気持ちが強かったが世界ランクが低いので仕方無いと思っていた。チャイナオープンから帰る日に急遽香港オープンにエントリーが決まり、素直に出られてよかったという気持ち。世界卓球のシングルス代表に選ばれて以降、メンタルが充実していて、余裕を持って試合をコントロールできている。明日も頑張りたい」とメンタル面の充実からくる余裕が好調さに繋がっていることをアピール。

明日からの決勝トーナメントも吉村兄弟の活躍から目が離せない。

香港OP2日目男子シングルス 吉村兄弟の結果

<男子シングルス 予選トーナメント3回戦>
○吉村真晴 4-1 リョウ・シンテイ(チャイニーズタイペイ)
11-5/11-8/11-4/4-11/11-6

○吉村和弘 4-2 シルセック(チェコ)
11-6/12-10/2-11/2-11/12-10/11-8

文:ラリーズ編集部