6月3日(月)東京六大学春季リーグ戦 早大3回戦 @明治神宮球場

完封勝利を挙げ、喜びを爆発させた髙橋佑

「何が起こるかわからない」が定番のこのカード。だが今日は終始安定した試合運びで快勝を収めた。3回に犠打を絡めて作り出した得点のチャンスから下山悠介(商1・慶應)の適時打で効率よく先制し、先発・髙橋佑樹(環4・川越東)が9回を1人で投げきり今季初完封。リーグ優勝こそ逃したが、昨秋の早大3回戦、残りアウト3つのところで3連覇を阻まれた宿敵への雪辱は果たされた。

 

試合開始からエンジン全開の両軍先発投手が投手戦を繰り広げた。試合が動いたのは3回裏。前日3安打の瀬戸西純(政3・慶應)が9球粘って早大・早川の速球を右前へ運び出塁すると、続く髙橋佑が初球で犠打を決める。2死二塁の場面で、この早慶戦からスタメンに抜てきされた下山が左前へ適時打。無駄のない、効率の良い攻撃で先制する。その直後4回表の守備では、髙橋佑がこの試合初安打を浴びるも、続く打者の右中間を抜けようかという当たりを右翼手・中村健人(環4・中京大中京)がダイビングキャッチ。相手の反撃を許さなかった。

先制打を放った下山

7回裏には正木智也(政2・慶應)、小原和樹(環4・盛岡三)の連続安打と相手投手の暴投で作った2死二、三塁のチャンスから髙橋佑が直球を中前へ弾き返し、自らを援護する適時打。ここまで好投を続けたエースが打撃でも魅せた。

適時打を放ち、自らを援護した髙橋佑

その髙橋佑は最終回もマウンドへ上がり、先頭打者を三球三振に仕留める。続く打者には内野安打を許すが、最後は併殺打で試合を締め、雄叫びをあげた。1年の頃から慶大投手陣を支え続けた男の、三塁を踏ませない完封勝利で令和最初の早慶戦を制した。

今季、守備職人として輝きを放った小原

改元から1ヶ月が経ったことで世間のお祭りムードも鎮まった今、「令和最初の」などという使い古された言葉でこの3戦を語るのは野暮かもしれない。だが100年以上に及ぶ長いライバル関係の中、1つの区切りとなる平成最後の対戦であの忘れられない敗戦。そして選手全員が雪辱を誓って臨んだ新元号最初のこのカード、初戦こそ落としたが連勝で飾って終えた。まさに新時代の幕開けにふさわしい。

次に神宮球場で慶大ナインを見られるのは、先日リーグ戦通算100安打を達成した柳町達(商4・慶應)や主将・郡司裕也(環4・仙台育英)ら、下級生の頃からチームを引っ張り続けた黄金世代が迎える最後のリーグ戦だ。良い形でこの春の戦いを終えた彼らは、夏を経てさらに成長した姿を我々に見せてくれることだろう。秋に歓喜に包まれる彼らを楽しみに、我々はまた神宮球場へ足を運ぶ。

(記事:竹内大志、写真:澤田夏美、小林歩)