早稲田大学 0 - 2 慶應義塾大学
勝:髙橋佑 敗:早川
本塁打:なし


髙橋佑(④川越東)の完封で慶大が今季の早慶戦で勝ち点を獲得した。



1回戦と同じ顔合わせとなった慶大・髙橋佑(④川越東)と早大・早川(③木更津総合)の両校先発は初回から安定した立ち上がりを見せ、1回2回と無失点に抑える。

共に無得点で迎えた3回裏、慶大は8番・瀬戸西(③慶應)が安打で出塁すると、2死3塁となったところで2番の下山(①慶應)に適時打が飛び出し、慶大が1点を先制する。

反撃したい早大だったが力投を続ける髙橋佑の前に得点を奪うことができない。

慶大も追加点を奪おうと早大・早川を攻め立てるが、早大左翼・瀧澤(③山梨学院)に2度、本塁で補殺されるなど、好機はつくるもののなかなか追加点を奪えない。

膠着状態で迎えた7回裏、ついに慶大が追加点を奪う。

この回からマウンドに上がった早大・西垣(②報徳学園)から慶大5番・正木(②慶應)が安打を放ち出塁すると、7番・小原(④盛岡三)の内野安打とワイルドピッチなどで2死2、3塁と好機を広げる。ここで、9番の髙橋佑に適時打が飛び出し、エース自らのバットで慶大が待望の追加点をあげる。

これで波に乗った髙橋佑は危なげない投球で早大打線を全く寄せ付けない。

終わってみれば、9回被安打3、5奪三振の完璧な内容で早大を完封した髙橋佑の好投で、慶大が0対2で勝利した。

1勝1敗で迎えた3回戦に勝利した慶大は令和最初の早慶戦で勝ち点を獲得した。