6月2日(日)東京六大学春季リーグ戦 早大2回戦 @明治神宮球場

圧巻の投球を見せた木澤

圧巻の投球だった。慶大先発投手・木澤尚文(商3・慶應)が初回から自己最速となる154キロを記録し、その後は変化球も織り交ぜながらの投球で8回途中3安打10奪三振無失点の好投を晴れ舞台で披露した。打線も3回表に柳町達(商4・慶應)の適時二塁打と中村健人(環4・中京大中京)の3点本塁打で一挙5点を挙げ、そのまま逃げ切り。早大との最終節を1勝1敗とし勝ち点の行方は明日以降へ持ち越した。

 

昨日の1点差の敗北から一夜が明け、2回戦の先発投手を任されたのは木澤。「初回から全力で出し切ります」と試合前に宣言した通り、先頭打者・瀧澤を152キロの直球で見逃し三振に封じ込めると、続く金子に対しての初球。自己最速を更新する154キロの直球を投じると、最後は変化球で空振り三振に仕留めるなど、課題の立ち上がりを乗り越えた。

木澤の好投に応えたい慶大は2回表に早大先発投手・西垣をとらえ、先制に成功する。先頭打者・小原和樹(環4・盛岡三)が四球で出塁すると、瀬戸西純(政3・慶應)が内野安打となるプッシュバントを決め、出塁。木澤が犠打を決め1死二、三塁の好機の場面で迎えるは柳町。131キロ外角低めの変化球を左翼フェンスに直撃する二塁打を放ち、走者2人が帰還。2点の先制に成功した。

先制適時二塁打を放った柳町

この回の猛攻はこれだけでは終わらない。3番・中村も「良いスイングができたと思います」(中村)とやや内角に入った137キロの直球を振り切り、左中間スタンドへ飛び込む3点本塁打となった。この回と一挙5点を挙げ、試合序盤から良い展開にした。

3点本塁打を放った中村。左から中村、柳町、下山

この日の木澤には5点の援護は十分すぎるものだった。試合中盤から走者を背負う場面もいくつかあった。5回裏、1死から小藤に二塁打等で2死三塁にするが鈴木萌を高めの直球で空振り三振に抑え、ピンチを切り抜けると、7回裏も先頭打者・加藤に右翼線への二塁打を許し、2死一、二塁の場面で代打・田口を迎えるも最後は見逃し三振に抑えるなど、要所を締め、決して得点を与えない闘志溢れる投球を見せた。8回裏、1死を奪ったところで木澤は降板。マウンドには佐藤宏樹(環3・大館鳳鳴)が上がったが、意外な形での失点を許すこととなる。2死二塁で迎えた福岡の打席。佐藤の暴投でボールが三塁方向へ逸れている間に瀧澤が二塁から一気に本塁へ突入し判定はセーフ。昨日に続いて瀧澤の足が絡んだ失点となった。しかし早大の得点はこの1点のみ。最終回は走者を得点圏にまで進めるも中川卓を併殺打に打ち取り試合終了。1勝1敗とし、勝ち点の行方は明日以降へ持ち越された。

「去年の悔しさを晴らす最高の舞台ができた」(郡司)。昨秋の早大3回戦の雪辱を胸にここまで戦ってきた慶大ナインが挑む春季リーグ最終戦。早慶両校の誇りを胸に熾烈な試合展開が予想される中、慶大が勝ち切れるか。一瞬たりとも見逃せない戦いが繰り広げられるに違いない。

(記事:小林歩、写真:左近美月、澤田夏美)