慶應義塾大学 5 - 1 早稲田大学
勝:木澤 敗:西垣
本塁打:慶大・中村 2号(3回)

 

慶大先発の木澤(③慶應)が8回途中まで10奪三振の好投 慶大が第3戦へ持ち込む


序盤は慶大先発の木澤(③慶應)と早大先発の西垣(②報徳学園)が互いに譲らず 両校先発が好スタートをきる。
しかし3回表、一気にスコアが動く。
慶大7番の小原(④盛岡三)が四球を選び、この試合初めてのランナーが出る。
続く8番瀬戸西(③慶應)のセーフティバント、木澤が送りバントを決めてチャンスを広げる。
すると1番柳町(④慶應)がレフトオーバーのタイムリー2ベースを放ち慶大が2点を先制する。
さらに死球で下山(①慶應)が出塁すると3番中村(④中京大中京)が左中間への3ランホームランを放つ。 慶大が一気に5点を先制する。

早大は先発の西垣からマウンドを引き継いだ上條(④早稲田実)が好リリーフ。
4回、5回を投げて3奪三振。早大打線の援護を待つ。

中盤はお互いにランナーを出すもあと一本が出ない。
慶大は追加点を奪えず、早大はリードを縮めることが出来ない。

7回裏、早大4番の加藤(④早稲田実)がライト線への2ベースヒットを放ち、チャンスを作る。
続く檜村(④木更津総合)がショートフライ、小藤(④日大三)が三振、田口(④早稲田実)が三振に倒れ、 早大はチャンスを生かすことが出来ない。
慶大先発の木澤は自身初となる1試合2桁奪三振と粘りの投球で得点を許さない。

8回裏、1死から瀧澤(③山梨学院)がライトフェンス直撃の2ベースヒットでチャンスを作る。
するとワイルドピッチの間にセカンドから一気にホームへ帰り、早大が1点を返す。
昨日に続き、瀧澤が好走塁をみせる。

しかし早大はランナーを出すも後が続かず、リードを縮めることが出来ない。
このまま慶大が試合を締めくくり、決戦は第3戦へ。