2019ピレリ スーパー耐久シリーズ第3戦「SUPER TEC富士24時間レース」の決勝が6月2日15時00分にゴールを迎え、No. 1 GTNET GT3 GT-R(浜野彰彦/星野一樹/藤波清斗/平峰一貴)が優勝を飾った。

今年も24時間にわたり雨が降ることなく、ドライコンディションのままレースが進行。最高峰のST-Xクラスはスタート直後から、1号車とNo. 300 TAIROKU RACING GT-R GT3が同一周回でトップ争いをし、ピットストップのタイミングで順位を入れ替えるレースを繰り広げた。

最後のピットストップまでどっちが勝つのか分からない状況かと思われたが、300号車はゴールまで残り4時間を迎えるところで、駆動系トラブルを抱えて緊急ピットイン。マシンの修復に1時間以上かかってしまい、優勝争いから脱落することになってしまった。

これで、1号車が完全に独走状態となり、最後はピットストップの時間を長くとってマシンに不具合がないかチェックするなど、確実なレース運びを披露。昨年の記録を大幅に更新する801周でチェッカーフラッグを受け、富士24時間レース2連勝を飾った。2位にはNo. 9 MP RACING GT-Rが続き、トラブルから復帰した300号車は総合3位を獲得した。

その他、ST-ZクラスはNo. 3 ENDLESS AMG GT4が開幕3連勝をマーク。ST-TCRクラスはNo. 45 BRIN・NAUB RS3 LMSがチーム初優勝を飾った。

ST-1クラスのNo. 47 D’station Porscheが優勝。ST-2クラスは、昨年スタート直後のアクシデントで市販車のドアを移植してレースを続行するなどして注目を集めた、No. 59 DAMD MOTUL ED WRXが、昨年のリベンジを果たす勝利を飾った。

ST-3クラスはNo. 34 TECHNO FIRST RC350、ST-4クラスはNo. 86 TOM’S SPIRIT 86、ST-5クラスはNo. 88 村上モータースMAZDAロードスターがそれぞれクラス優勝を飾った。

またNo. 104 ROOKIE RACING 86から参戦したMORIZOことトヨタの豊田章男社長は残り30分を迎えるところでマシンに乗り込み、チームのチェッカードライバーを担当。チームはST-4クラス5位完走を果たした。

2019スーパー耐久 第3戦 富士24時間レース《 撮影 益田和久》

2019スーパー耐久 第3戦 富士24時間レース《 撮影 益田和久》

2019スーパー耐久 第3戦 富士24時間レース《 撮影 益田和久》

2019スーパー耐久 第3戦 富士24時間レース《 撮影 益田和久》

2019スーパー耐久 第3戦 富士24時間レース《 撮影 益田和久》

2019スーパー耐久 第3戦 富士24時間レース《 撮影 益田和久》

2019スーパー耐久 第3戦 富士24時間レース《 撮影 益田和久》

2019スーパー耐久 第3戦 富士24時間レース《 撮影 益田和久》

2019スーパー耐久 第3戦 富士24時間レース《 撮影 益田和久》

2019スーパー耐久 第3戦 富士24時間レース《 撮影 益田和久》

2019スーパー耐久 第3戦 富士24時間レース《 撮影 益田和久》

2019スーパー耐久 第3戦 富士24時間レース《 撮影 益田和久》

2019スーパー耐久 第3戦 富士24時間レース《 撮影 益田和久》

2019スーパー耐久 第3戦 富士24時間レース《 撮影 益田和久》

2019スーパー耐久 第3戦 富士24時間レース《 撮影 益田和久》

2019スーパー耐久 第3戦 富士24時間レース《 撮影 益田和久》

2019スーパー耐久 第3戦 富士24時間レース《 撮影 益田和久》

2019スーパー耐久 第3戦 富士24時間レース《 撮影 益田和久》

2019スーパー耐久 第3戦 富士24時間レース《 撮影 益田和久》

2019スーパー耐久 第3戦 富士24時間レース《 撮影 益田和久》