早稲田大学 3 - 2 慶應義塾大学
勝:今西 敗:髙橋亮
本塁打:早大・福岡 2号(6回)、瀧澤 2号(8回)

 

令和最初の早慶戦1回戦は早大に軍配 本盗、本塁打と瀧澤(③山梨学院)の活躍もあり早大が先勝


慶大先発の髙橋佑(④川越東)が本領発揮する。
3回を終了し、内野ゴロ7つ、内野フライと三振が1つずつとパーフェクトピッチング。
打線の援護を待つ。

その慶大打線が髙橋佑の好投に応え、慶大が均衡を破る。
3回裏、無死1塁3塁のチャンスで4番キャプテンの郡司(④仙台育英)。
きっちりとセンターへの犠牲フライを放ち、貴重な先制に成功する。

しかし早大もすぐさま同点に追い付く。
4回表、1死2塁3塁のチャンスで3塁ランナー瀧澤(③山梨学院)が相手守備のスキをつき、ホームスチール。
早慶戦ならではの歓声を利用した見事な走塁で早大が同点に成功する。

好投していた髙橋佑を攻めたのが川越東の同級生でもある早大・福岡(④川越東)。
6回表、早大3番の福岡の打球はレフトスタンドへ。
今季2本目のホームランで早大が勝ち越しに成功する。

しかし慶大も反撃。
7回裏、早大先発の早川(③木更津総合)から1死2塁3塁のチャンスを作り、打席には5番・正木(②慶應)。
打球は内野ゴロも、その間にランナーが帰り慶大が同点に追い付く。

8回表、勝ち越したのは早大。
2死から早大1番・瀧澤のセンターへの打球は声援に押されグングン伸びてスタンドイン。
早大が再び勝ち越しに成功。
4回のホームスチールと、プレーで魅せる早大のリードオフマンが躍動する。

9回は今西(③広陵)、徳山(②大阪桐蔭)の継投で慶大打線をきっちりと抑え、 令和最初の早慶戦は早稲田が先勝する。