写真:張本智和(木下グループ)/提供:ittfworld

<ITTFワールドツアー・中国オープン 2019年5月28日~6月2日>

31日、中国OPは男子シングルスでベスト8決定が行われ、張本智和(5月世界ランキング4位・木下グループ)がピッチフォード(同14位・イングランド)を下し、準々決勝進出を決めた。張本は昨年の世界卓球およびチームワールドカップで2度ピッチフォードに敗れていたが、リベンジを果たす結果になった。

同じくベスト8決定戦には、丹羽孝希(同12位・スヴェンソン)と水谷隼(同13位・木下グループ)も登場したが、ともに中国の馬龍 (同5位)と許キン(同3位)に敗れた。

日本男子選手として唯一勝ち残った張本は、次戦の準々決勝で中国香港の黄鎮廷(同18位)と対戦する。

中国OP4日目 男子シングルス日本選手の結果

<男子シングルス 決勝トーナメント2回戦>
○張本智和 4-0 ピッチフォード(イングランド)
11-8/11-9/11-8/11-8

丹羽孝希 0-4 ○馬龍(中国)
4-11/5-11/5-11/2-11

水谷隼 0-4 ○許キン(中国)
4-11/8-11/6-11/7-11

中国OP4日目 男子ダブルス日本選手の結果

<男子ダブルス 準々決勝>
森薗政崇/上田仁 1-3 ○李尚洙/鄭栄植(韓国)
14-12/9-11/9-11/8-11

中国OP4日目 混合ダブルス日本選手の結果

<混合ダブルス 準々決勝>
張本智和/石川佳純 2-3 ○黄鎮廷/杜凱琹(中国香港)
8-11/11-3/8-11/12-10/10-12

○丹羽孝希/伊藤美誠 3-0 フェゲル/ポルカノバ(オーストリア)
11-9/11-9/11-8

<混合ダブルス 準決勝>
丹羽孝希/伊藤美誠 2-3 ○林昀儒/鄭怡静(台湾)
11-13/11-6/8-11/11-4/8-11


文:ラリーズ編集部