写真:森薗政崇(左)・上田仁(ともに岡山リベッツ)/提供:ittfworld

<ITTFワールドツアー・中国オープン 2019年5月28日~6月2日>

30日、中国OPは男子ダブルスでベスト8決定が行われ、森薗政崇(5月世界ランキング33位・岡山リベッツ)/上田仁(同26位・岡山リベッツ)ペアがオーストリアペアをフルゲームの末に破り、8強入りを決めた。次の準々決勝では韓国の李尚洙(同10位)/鄭栄植(同19位)ペアと対戦する。

男子シングルスでは決勝トーナメント1回戦が行われ、丹羽孝希(同12位・スヴェンソン)、張本智和(同4位・木下グループ)、水谷隼(同13位・木下グループ)が勝利。日本人として世界ランキングトップ3を走る3名ともが2回戦へ駒を進めた。

次戦の対戦相手は、丹羽が馬龍 (同5位・中国)、張本がピッチフォード(同14位・イングランド)、水谷が許キン(同3位・中国)に決まっている。

中国OP3日目男子ダブルス 日本選手の結果

<男子ダブルス 決勝トーナメント1回戦>
○森薗政崇/上田仁 3-2 ガルドシュ/ハベソーン(オーストリア)
9-11/11-6/5-11/11-9/11-7

中国OP3日目男子シングルス 日本選手の結果

○張本智和 4-1 趙勝敏(韓国)
11-3/6-11/11-3/11-8/11-2

○丹羽孝希 4-0 吉村和弘
11-3/11-8/11-6/11-4

及川瑞基 1-4 ○馬龍(中国)
6-11/5-11/11-5/5-11/5-11

吉村真晴 1-4 ○林高遠(中国)
9-11/6-11/3-11/11-8/3-11

○水谷隼 4-0 ジェラルド(ポルトガル)
11-6/11-7/11-9/11-9


文:ラリーズ編集部