COLLEGE MONSTERS

大学というステージで、勉強とスポーツの両立を目指し、日々切磋琢磨する学生アスリートの素顔を紹介するインタビュー企画です。CATが注目する学生アスリートの魅力を深掘りしていきます。

あなたのプロフィールを教えてください。
・名前:本田太一(ほんだ・たいち)
・身長/体重:170cm/64kg
・所属:関西大学アイススケート部フィギュア部門
・出身高校:関西大学高等部

この競技を始めたきっかけを教えてください。
家の近くのスケートリンクに遊びに行った際、アイスホッケーを好きになったため。

この競技の好きなところを教えてください。
試合での極限の緊張感。

将来の夢を教えてください。
観客の皆さんの記憶に残る演技をしたい。

※写真一番右が本田選手

一問一答

スポーツ以外に夢中なことは何ですか? 
経済学関連の本を読むこと。
野口悠紀雄さん、落合陽一さん、マイケル・サンデルさんの本をよく読んでいます。また、Netflixを観るのも大好きです。TERRACE HOUSE新シリ
ーズが待ち遠しいです。現在アメリカを拠点に練習しているので、日本に帰ってきた際は、1人でも多くの友達と会って気分転換をすることがリフレッシュになっています。

好きな言葉は何ですか? 
「意志あれば道あり」、"Where there is a will, there is a way."

得意な科目は何ですか? 
経済学全般。ゼミでは財政学を学んでいます。

最近、ブルッたことは何ですか? 
2月末の試合で引退される先輩方の演技を観たとき。
小さい頃からお世話になった先輩ばかりだったので、色んな思いが込み上げてきました。感謝の気持ちを自分の滑りで伝えられるところも、フィギュアスケートの醍醐味だと思います。

小学生の頃の夢は何でしたか?
泥だんご名人。
幼稚園では朝から帰るまで泥だんごを作って、ウサギ小屋の裏に何個も隠していました。どうやれば綺麗に光るか本を読んだりして、今までで1番ハマった遊びだと思います。笑

あなたが尊敬する人は誰ですか? 
歴代日本トップスケーターの方々。
今ではシーズン中毎週のようにフィギュアスケートの試合がテレビで放送されていますが、僕がスケートを始めた頃には考えられないことでした。先輩方のお陰でフィギュアスケートがメジャースポーツになりつつあると感じています。

夢に向かって日頃から心がけていることは何ですか?
オンとオフの切り替えに加えて、オンの状態でも常に楽しもうとすること。常に集中していると身体が持たないので、楽しく練習が出来るように心掛けています。