第103回インディ500の決勝レースが現地26日に実施され、佐藤琢磨は終盤の上位バトルに加わり3位でゴールした。シモン・パジェノーがインディ500で自身初の先頭ゴールを果たしている。

佐藤琢磨(#30 Rahal Letterman Lanigan Racing/ホンダ)が2年前に偉業を達成した大舞台で終盤に躍動した。レース前半は自身にとって順調とはいえない流れだったが、そこから挽回し、2年ぶり2度目の制覇こそ叶わずも、3位という好結果を得ている。

優勝はフランス出身のシモン・パジェノー(#22 Team Penske/シボレー)。インディカー・シリーズの年間チャンピオンになった経験はあるパジェノーだが、大舞台インディ500で勝利するのは初めて。終盤はインディ500優勝経験者のアレクサンダー・ロッシ(#27 Andretti Autosport/ホンダ)や琢磨との争いを素晴らしい走りで制している。

(上記はレース終了直後の状況に基づくもの。現地からの詳報は追って掲載)

#30 佐藤琢磨は3位。《写真提供 INDYCAR》

#30 佐藤琢磨は3位。《写真提供 INDYCAR》

優勝は#22 シモン・パジェノー。《写真提供 INDYCAR》

優勝は#22 シモン・パジェノー。《写真提供 INDYCAR》

優勝は#22 シモン・パジェノー。《写真提供 INDYCAR》

優勝は#22 シモン・パジェノー。《写真提供 INDYCAR》