185㎝の大型リベロ プロバレーボール選手 柳田貴洋 -②ポジションチェンジの葛藤と決断。そして海外での経験-

 2018年12月、プロ宣言したバレーボール選手の柳田貴洋。

 実兄であり、バレーボールの全日本男子代表でもある柳田将洋の背中を追いかけて、小学生からバレーボールを始め、中・高・大学の各世代では、多くの実績を残している柳田貴洋だが、日本代表の経験はない。海外では無名の選手が、バレーボールの強豪国が集まるヨーロッパのリーグに挑もうとしている。

3つのポジションを経験。広い視野を持つ大型リベロ

 

「小・中学生の時は、スパイカーでした。高校2年生の時、セッターにポジションが変わったのですが、それは自身の希望ではなく…。下級生の入部がなかったから、ポジションに人がいなくなってしまったからなんです。その時は、気持ちを切り替えて、『セッターとして全日本に出る』、『セッターで日本一』という気持ちでいました。

 リベロへの転向は、大学3年生の時。だから、今はまだ3年目なんです。この時も悩みましたし、葛藤もありました。コロコロとポジションが変わるのって、どうなんだろうって思った時期もありました。でも、自分の考えに固執するのも良くないですし、サポートしてくださっている方の意見やアドバイスは大切で、信頼関係がある方が、『自分にとってマイナスな提案はしない』、そう思って、リベロへの転向を決めました。」

・合わせて読みたい→
中大卒のバレー柳田・弟、商社内定を蹴り欧州リーグ挑戦へ きっかけは「海外で働きたい」?(https://cocokara-next.com/motivation/takahiroyanagida-interview-01/)

練習中でも本気でぶつかり合うイタリアの選手たち

 リベロに転向してすぐ、大学3年生の時に、最初のイタリア留学のチャンスに恵まれた柳田貴洋。驚いたのは、練習に対する姿勢だったと話す。

「バレーボールに対して凄く熱くて、本気で。練習から言いたいことを言い合う、上手くいかなかったら怒りをぶつけたり、殴り合いが起きそうになったり…。でも、練習後は、凄く仲良くなるんですよ(笑)。この雰囲気に、続けられるかなと不安になったり、気持ちが折れそうになったりもしました。
 それに、日本には185㎝の身長があるリベロは、まだいないと思うんです。でも、海外では珍しくなくて…もっと大きな体格の選手もいますからね。イタリアでの生活も、日本にいると気づけないことがたくさんあって、一つひとつが凄く良い経験です。」

 2回目のイタリア留学は、2019年2月~3月。中央大学4年生で既にチームを引退、プロ宣言をした後。そうした状況にも関わらず、中央大学バレーボール部の後援会組織「THE FUTURES」の支援があり実現している。

「引退していたので、留学先での経験を、チームに返すことができない状況でした。それにも関わらず、応援してくれて、たくさんの方が背中を押してくださって、イタリアに行くことができました。本当に感謝の気持ちしかありません。」

広い視野を持つ身長185㎝の大型リベロ、世界への挑戦

 攻撃の要であるスパイカー、ゲームをコントロールする司令塔のセッター、そして守りの要であるリベロ。さまざまなポジションを経験した柳田貴洋が、世界に挑むのは『リベロ』。

「海外で結果を出すことが、今までサポートしてくださった多くの方に、感謝の気持ちの伝える方法だと思っています。だから、今は、どんな条件であっても海外のチームと契約したい、そしてゲームに出場して結果を出さなければならないんです。」

 インタビューした2019年5月20日時点、8月から始まる2019/20シーズンの所属チームは、まだ決まっていない。

 しかし、自分をしっかりと見つめ、まわりの意見やアドバイスを真摯に受け止め、鼓舞しながら前に進もうとしている。そんな、プロバレーボール選手・柳田貴洋から、目が離せない。

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]