法政大学 4 - 4 明治大学
本塁打:法大・中村迅 1号(8回)/明大・喜多 1号(9回)

 

法大が終盤に逆転も、明大・喜多(④広陵)が意地の同点打。試合は引き分け、明大の優勝は明日へ持ち越し。


この試合に勝てば優勝が決まる明大は初回から今季初先発の法大・内沢(④八戸工大一)を攻める。
先頭の添田(④作新学院)がセンター前へのヒットで出ると丸山(②前橋育英)がきっちりと送りバントを決めて、1死2塁。
このチャンスで3番内山(④静岡)がライトフェンス直撃のタイムリー3ベースを放ち、理想的な攻撃で明大が先制に成功する。
さらに暴投も加わり、2点を先行する。 

さらに明大はチャンスを作る。 2番丸山(②前橋育英)がセーフティバントで塁に出ると、
法大のフィルダースチョイスが続き無死満塁のチャンスを広げる。ここで法大は2番手の鈴木(③常総学院)がマウンドへ。
三振とゲッツーでこのピンチをしのぎ、法大は追加点を許さない。

明大は犠牲フライで1点追加し、リードを3点に広げるも、法大は継投、明大は森下(④大分商)が得点を許さず、明大3点リードのまま終盤へ。

8回表、遂に法大が森下をとらえる。
5番福田(④大阪桐蔭)が四球で塁に出ると、7番舩曳(④天理)がヒットでつなげるとここで代打・中村迅(③常総学院)。
すくい上げるようなスイングでとらえた打球はライトスタンドへ。
中村迅の初安打初打点初ホームランは貴重な同点打となり、法大がスコアをタイに戻す。

さらに9回表、法大が遂に試合をひっくり返す。
安本(④静岡)がヒットで出塁すると、代走に片瀬(③法政二)が送られる。
すると5番キャプテン福田がライトオーバーの逆転タイムリー2ベースを放ち、逆転に成功する。

法大は9回裏のマウンドに三浦(②福岡大大濠)を送り込む。
簡単にツーアウトをとったが、まだ試合は終わっていなかった。
明大5番の喜多(④広陵)がライトスタンド中段への貴重な同点ホームランを放ち、意地を見せる。

プロ野球併用日のため延長戦はなく、このまま試合は終了。
終盤に大きく動いた試合は引き分けとなり、明大の優勝は明日へ持ち越しとなった。