「感謝を忘れない。」

自他共に認める練習の鬼。「どうしたら勝てるか」そればかりを考え、岡垣光祐はその日のテニスをノートに記す。さらなる高みへ “若武者”の止まらないテニスへの情熱があった。競技に対して実直に向き合う姿と、その輝きを記録する。