レジェンドたちのRWC回顧録③ 1987年大会 林 敏之(前編)

 もう32年も経つのか。でも、ダイマルさんこと、林敏之さんのラグビーにかける情熱は変わらない。今はNOP法人ヒーローズの会長を務め、世界の子どもたちへのラグビー普及に奔走している。自分がラグビーから授かった「恩」を次の世代につなぐ、いわば「恩送り」の活動に熱中する。



ラグビーのイベントが行なわれた日産スタジアムで話を聞かせてくれた林敏之

「ラグビーを通し、沸き上がる感動をぜひ、体験してほしい」。心はラグビーのみに向かっている。昔のラグビー体験を思い出し、つい涙ぐむ時もある。ゴールデンウィーク直前、世界7カ国のちびっ子ラガーが参加した『こどもワールドフェスティバル2019』が開催されていた横浜の日産スタジアム。ラグビーワールドカップ(RWC)の決勝会場で、1987年の第1回RWC日本代表の思い出をじっくり語ってもらった。

 記念すべき第1回大会のキャプテンはもう、59歳となった。トレードマークのひげには少し白いものも交じる。昔懐かしのアマチュア時代。年間百数十日ぐらい合宿する今とは違い、当時の代表合宿はせいぜい遠征前の1週間程度だった。「全然違ったね」と小さく笑った。

「日本代表はそのつど、チームをつくって、遠征して、終わったら”ばらけ”ていたよね。試合の意識を高めていこうといったゲームフィットネスとかの意識はないから。だって、みんな仕事があるから。遠征前はその分、残業をしないといけないみたいな感じだった」

 第1回大会は、KDD(現在のKDDI)がスポンサーとなり、ニュージーランドとオーストラリアで招待大会として開かれた。日本代表は1次グループ初戦のアメリカに18-21で競り負け、イングランドには7-60で大敗したが、最終戦の優勝候補、オーストラリア相手に23-42と健闘した。

――最初に思い出すことは、何でしょうか。

「最後のオーストラリア戦が終わった時のことかな。なんとか、まともな試合をしたという感じだった。最後の試合が終わった。ホッとした感じだった。あれはもう、やり切った試合だった」

――途中まで互角の展開でした。

「食らいついて、僅差の試合ができていたよね。オーストラリアはあの時、オールブラックス(ニュージーランド代表)より勝率がよかったからね。優勝候補ナンバーワンと言われていた。結果は(準決勝で)フランスに劇的な逆転負けを喫してベスト4で終わったのかな。でも、アラン・ジョーンズが監督をしていて、強かったんだ」

――初めてのワールドカップです。どんな大会でしたか。

「そんなもの、できんのかって。そう、みんなワールドカップがどんなものか、わからないものね。(招待大会で)予選もなかった」

――キャプテンとして意識したことは。

「当たり前だけど、ベストを尽くして勝ちたいということだけだったね」

――監督が人情家の宮地克実さんでした。

「そう、宮地さん。日本代表スコッドは選手26人で、団長、監督、コーチ、フィジオ(セラピスト)を含めて30人だったよね。いまは31人の選手がいて、バックアップメンバーやスタッフ20人ぐらい連れていくでしょ。僕らは合宿の時、メンバーが足りないから、宮地さんがアタック・ディフェンス(タックルなしの実戦形式練習)にも入っていた。それで、敵陣からどかん、どかんとラックに入ってきてさ。あの時、いくつかな。50前かな。すごいな、このオッサンって」

――日本代表のチームスローガンってあったんですか。

「あったよ。おれたちのチームは、”団体でいこう”だった。あの時、(シナリ)ラトウがスクラムから右サイドを攻める”ラトウ単独”というサインプレーがあったんだ。練習で、”ラトウ単独”って言ったら、宮地さん、”あかん、あかん、単独はあかん、団体で行け”って。それで、動きは一緒だけど、サインが”ラトウ団体”になった。ま、みんなで行こうという話やね。ラトウのサイドアタックは、”ラトウ団体”って言ってね。ははは」

――あの時の日本代表は、林さん(LO=ロック、FL=フランカー)のほか、HO(フッカー)藤田剛、PR(プロップ)洞口孝治、LO大八木淳史、FLシナリ・ラトウ、ナンバー8千田美智仁(みちひと)、SO(スタンドオフ)平尾誠二、CTB(センター)朽木英次…。すごいメンバーがそろっていました。

「メンバーはともかく、今思うと、どう試合にピークを持って行くのかが、できていなかったねえ。ピーキングという言葉なんかなかった。ゲームフィットネスという概念自体もあまり、持っていなかった。だいたい、日本代表はそれまで、遠征して何試合か重ねながら、強くなっていって、最後にテストマッチを戦うパターンだった。最初のアメリカ戦にピークを持っていくなら、大会前に何試合かして、チームとして体験するべきだった。そんな発想はまったくなかったからね」

――合宿はやったんですか。

「やったよ、山梨県でやった。宿舎は公民館のようなところで。そこから、グラウンドまで、5kmくらいあったんだ。歩いていったり、ジョギングでいったり」

――初戦の米国戦。トライ数は同じながら、当時は絶対的なキッカーがおらず、ゴールキックの不調が響いた。そう記憶していますが。

「そうだね、残念ながら、キックの調子が悪くてさ。キックが入っていたら、また違う展開になった気がするけど。まあ、でも、そこは難しいわな」

――イングランド戦で大敗。日本の最終戦が優勝候補のオーストラリア戦でした。

「もう、最後に変な試合をしたら、日本に帰れないわって思っていた。(最後の豪州戦)覚えているのは、オーストラリアのLOにツインタワー(長身)がいたんだよ。2mクラスのLOが。それで、試合中、その中のひとりが退場したんだ。なぜ、倒れたんだろう、って思っていたら、タックルに行った時、僕の頭が彼のあごに当たっていたんだ。あとで知ったんだけど」

――WTB(ウイング)の沖土居稔が先制の40mロングPG(ペナルティーゴール)、後半には約50mのDG(ドロップゴール)を決めるなどしてスタンドを沸かせました。また、CTB朽木が鋭いステップで2トライを奪った。みんな、猛タックルで相手に襲い掛かりました。見ているこちらも胸が熱くなりました。でも、結局は23-42で敗れてしまいました。

「(豪州戦は)すべてを試合にぶつけられた。まあ、やるだけやったなと思った。1勝もできなかったけれど、ホッとして帰ってきた感じかな。当時は日本ラグビーの勝ち方が見えず、少し悶々(もんもん)としていたね。その後、日本代表はずっと、勝ち方を模索しているのが長く続いたんじゃないかな」

――ラグビーを取り巻く環境も激変していきます。

「そう、世界のラグビーが変わっていくよね。日本は世界でも特殊な企業アマだった。なんか、団長のカバンがだんだん膨らんでいくんだ。聞いたら、休業補償が出ているらしいぞって。他の国はみんな、ああいう風にお金をもらっているんだなって。他の国はアマチュア(の選手)が、それぞれ仕事を休んで、遠征に参加していたんだ。僕らはまあ、有給みたいな感じで会社から遠征してきていた。そんなお金(休業補償)があるなら、冗談で、みんなでゴールドコーストに土地を買おうとか言っていたね」

――初めてのワールドカップ、出場した収穫はありましたか。ワールドカップっていいものでしたか。

「それはもう。行ってよかった。素晴らしい体験だもん」