早稲田大学 0 - 2 法政大学
勝:三浦 敗:徳山
本塁打:なし


土壇場で均衡を破った法大が先勝 先発の三浦(②福岡大大濠)が今季初完封


1回裏、法大はいきなりチャンスを作る。
先発の早川(③木更津総合)を攻め立てて、満塁とチャンスを作る。
しかしここは早大先発の早川が粘りを見せ、先制を許さない。

ここから早川が調子を上げていく。
2回裏には3者連続三振を奪い、早大が守備から流れを引き寄せる。

しかし法大先発の三浦も譲らない。
5回裏には三者凡退に抑え、流れを渡さない。

7回表、早大は先発の早川に変えて柴田(③早大学院)がマウンドへ。
柴田はこの回を三者連続三振に抑え、起用に応える好リリーフを見せる。

8回裏、遂に均衡が破れる。
先制したのは法大。
2死から3番安本(④静岡)がレフト戦への2ベースを放つと、続く4番伊藤(④中京大中京)がレフト線へのタイムリー2ベースを放つ。
遂に法大が先制に成功する。

さらに続く福田(④大阪桐蔭)もライトオーバーのタイムリー2ベースを放ち、追加点。
3者連続2ベースで法大が土壇場で得点を上げる。

法大はこのまま9回も三浦が抑え、今季初完封勝利で2勝目をあげた。
早大は逆転優勝に向けて、非常に厳しい状況となった。