写真:田添健汰/撮影:ラリーズ編集部

卓球の名門、石田卓球クラブ、希望が丘高校、専修大学でチームをエースとして率い、全日本選手権の混合ダブルスで3度の優勝を誇る田添健汰。田添が大学卒業後に選んだ環境は、Tリーグ・木下マイスター東京だった。

田添が所属する木下マイスター東京は、Tリーグファーストシーズンで初代年間王者に輝いた。川崎にある木下グループの専用練習場で腕を磨く田添にチームメイトの特長を聞いた。

このページの目次

1 張本智和2 大島祐哉3 田添響4 邱建新 総監督5 水谷隼6 女子選手

張本智和

智和は手首が最強ですね。そうじゃないとあのチキータとバックハンドは打てない。あと本当にすごいのはトークですかね。卓球をしていない時、ずーっと絡んできますよ。遠征に智和がいない時は、本当に静かでした(笑)。



写真:張本智和/提供:Tリーグ

大島祐哉

フィジカルが本当にすごい。フォアハンドと運動量が日本一ですね。僕も同じプレースタイルなので憧れています。トレセン(味の素ナショナルトレーニングセンター)で2人1組でのトレーニングの際は、トレーナーの方が大島さんと僕をペアにして下さるので、負けないように頑張っています。大島さんぐらいフィジカルが強くなりたいですね。



写真:大島祐哉/撮影:ラリーズ編集部

田添響

弟はバックハンドの威力がすごいですね。僕はフォアの方が自信があるので最近はバックハンドを強化中。弟はその逆で、台から離れたところでも威力あるバックを打てる。フォアを強化したらもっと強くなりますね。



写真:田添響/撮影:ラリーズ編集部

邱建新 総監督

選手ではないのですが、監督のこともお話させて下さい。邱監督はサーブの感覚が本当にすごい。時々サーブを出してもらうのですが、ナックル(無回転)と下回転の違いが全然分からない。全く同じフォームで出せるんですよ。



写真:邱建新(木下グループ総監督)/撮影:ラリーズ編集部

水谷隼

水谷さんは総合的にすばらしいんですけど、中でも1番すごいのはサーブの豊富さですかね。何種類あるの?というぐらい色んなサーブが出せる。



写真:水谷隼/撮影:ラリーズ編集部

女子選手

木下(アビエル神奈川)の女子選手の練習相手をしたりもします。浜本さん(由惟選手)と杜さん(凱琹選手)はバックハンドの威力が男子並み。袁さん(雪嬌選手)はとにかく強いですよ。オーラに押されちゃうというか。



写真:浜本由惟/撮影:ラリーズ編集部

水谷隼と最も長い時間を過ごしている男・田添健汰は、自ら誇る強豪揃いのチームメイトと切磋琢磨しながら、腕を磨き続けている。今後ますます強くなる姿に注目だ。

文:川嶋弘文(ラリーズ編集長)