立大が3対1で早大に逃げ切り勝ち。対戦成績を1勝1敗として3回戦に持ち込んだ。

 混沌とした序盤だった。1回戦を完封勝ちした早大が、1回にいきなり2死満塁のチャンスを作るも無得点。続く2回、3回も得点圏に走者を送ったが、あと1本が出ず。「ゼロというのが奇跡」と立大・溝口智成監督が振り返ったように、3回まで計7安打を放ちながらも無得点に終わった。

 対する立大も3回に1死満塁の好機に無得点で終わったが、5回に代打・小野大成(4年・横浜)がヒットと盗塁でチャンスを作ると、1死1、3塁から2番・江藤勇治(4年・東海大菅生)が先制タイムリー。さらに2死1、2塁から4番・山田健太(1年・大阪桐蔭)が「甘くきたボールを打とうと思って打席に入った。うまく拾えた」と早大の先発・西垣雅矢(2年・報徳学園)の低めのカーブを捉えて左中間を破る2点タイムリー2塁打。立大が、この回3点を奪い、劣勢だった試合をリードした。

5回表、立大の4番・山田が2点タイムリー2塁打を放ち、ベース上でガッツポーズを見せる

 この流れを作ったのが、3回無死1、2塁からリリーフ登板した栗尾勇摩(2年・山梨学院)だった。3回のピンチを脱した後、4回も無安打無失点で2イニングをピシャリ。溝口監督も「苦しいところで流れを食い止めてくれた」と称賛。さらに5回から登板した3番手・中川颯(3年・桐光学園)が「球威で勝ることができた」と計5イニングを4安打で1失点に抑えて勝ち投手に。投打が噛み合った立大が、前日の雪辱を果たした形となった。

2番手で登板した立大・栗尾が2イニングを無安打無失点に抑える好リリーフで試合の流れを変えた

■立教大vs早稲田大2回戦
立教大  000 030 000=3
早稲田大 000 000 010=1
【立】江口、栗尾、○中川−藤野
【早】●西垣、今西、柴田、徳山−小藤

◎立教大・溝口智成監督
「まず栗尾がよくやった。苦しいところで流れを食い止めてくれた。そして小野ですね。なかなか計算できない選手なんですけど、ああいうところで打ってくれた。そして中川も久々に、らしいピッチングを見れた。一番いい時の打ち取り方だった。山田もいい選手であることは間違いないですけど、あそこまでちゃんと仕事できるのはさすがだなと思います。(先発の)江口がもうすこししっかりするかなと思ったんですけどね。ゼロというのが奇跡ですね。7安打ですから。ツイていたと思います。何とかはね返せたが、明日勝ってこその価値ある今日の雪辱になる」

◎立教大・山田健太(1年・大阪桐蔭)
「(5回のタイムリーは)前の打席でチャンスで打てなかったので何とか取り返そうと思った。狙い球は自分の中ではない。甘くきたボールを打とうと思って打席に入った。低めのカーブをうまく拾えた。綺麗に抜けてくれた。(母の日で)今日も愛知から来てくれて、お母さんの前で打てて良かったです。明日もチャンスで回ってくると思うので、そこで1本打てたらと思います」

◎立教大・中川颯(3年・桐光学園)
「(5回からのロングリリーフとなったが)勝ち点を落としたくなかった。バッター一人一人に集中して投げた。多少失投はあったんですけど、腕は振れていた。球威で勝ることができた。空き週があるので、明日絶対に勝ち点を取れるように、投げる機会があったらしっかり投げたい」