立教大学 3 - 1 早稲田大学
勝:中川 敗:西垣
本塁打:なし

 

江藤(④東海大菅生)・山田(①大阪桐蔭)のタイムリーで立大が接戦を制す 決着は第3戦へ持ち越し


3回裏、立大は無死1塁2塁とチャンスを作られるもピッチャーライナーでゲッツーをとる。
続くピンチもセンターフライでピンチをしのぎ、2番手の立大・栗尾(②山梨学院)が得点を許さない。

すると遂に立大が均衡を破る。
5回表、1死1塁3塁とチャンスを作ると、立大2番・江藤(④東海大菅生)がレフト前への先制タイムリーを放つ。
さらに4番山田(①大阪桐蔭)が左中間を破る走者一掃の2点タイムリー2ベースを放ち、立大が一気に3点を先制する。

早大は再びピンチを迎える。
7回表、2死2塁3塁のピンチを迎え、バッターは好調の立大4番・山田。
しかし3番手の柴田がここを三振で切り抜ける。

するとその裏、早大1番・瀧澤(③山梨学院)がレフトオーバーの2ベースを放ち、チャンスを作る。
その後、相手の暴投の間に好走塁を見せて一気にホームへ生還し、早大が1点を返す。

しかし早大の反撃もここまで。 立大が接戦を制し、決着は第3戦へ持ち越し。