春季フレッシュリーグ 対立大
2019年5月4日(土)
神宮球場

 令和の幕開けと同時に、法大の未来を担う1、2年生が出場するフレッシュリーグが開幕した。初戦となった今回の立大戦の先発を任されたのは社会人対抗戦でも登板し、期待値の高い杉下裕哉(営2)。持ち味であるキレの良い直球を武器に、走者を出すものの要所を締め、6回を1失点にまとめた。打線が神野太樹(キャ2)と後藤克基(法2)の適時打で2点を挙げると、投手陣がこの点差を守り切り勝利。見事初戦を勝利で飾った。

先発した杉下は6回1失点と好投を見せた

戦評

 法大の将来を担う1、2年生が出場するフレッシュリーグ。GW中ということもあってか、早朝から多くの観客が集まった。

 初回、先頭の齊藤大輝(人1)がいきなり中前安打で出塁すると、続く大本遼(経2)の打席ですかさず盗塁を仕掛ける。大本の右飛の間に齊藤は三塁まで進むと、この日3番で起用された神野太樹(キャ2)が2球目を右前にはじき返し鮮やかに先制した。続く裏の守り、社会人対抗戦でも登板の機会が与えられるなど首脳陣の期待も高い先発の杉下裕哉(営2)が二塁打と2つの四球で満塁のピンチを背負う。しかし、力のある直球を中心とした組み立てで何とかこの回を無失点で切り抜けてみせた。

 2回以降の杉下は持ち味の直球はさることながら、変化球をカウント球と勝負球で有効に使い、5回まで立大打線を2安打に封じ込める好投。これに応えたい打線は4回、先頭の松田憲之朗(キャ1)が目の覚めるようなライナーを左翼線に放ちチャンスメイクすると、1死から女房役の後藤克基(法2)が中前に適時打を放ち追加点を奪取。先発の杉下を援護することに成功した。

後藤の適時打で二塁から生還した松田

安定した投球を続けていた杉下がこの日背負った最大のピンチは6回。球速は140㌔台から130㌔前半に落ちており、疲れが見え始めていたところを責められ、2本の不運な内野安打と失策、四球が絡み、無死満塁の窮地に立たされる。しかし、杉下はここでギアチェンジ。直球に勢いが戻り、7番・渡辺能久に許した右犠飛のみの1点でこの回をしのいだ。

 打線は齊藤がこの日猛打賞となる左越え二塁打を放つなど1人気を吐いたが、立大の中継ぎ陣から好機を作り出せない。試合時間が2時間に迫った7回裏。好投の杉下に代え、左腕の平元銀次郎(営2)を投入し逃げ切りを図る。しかし、立大も最後の反撃。失策で先頭打者に出塁を許すと、代打・髙橋嶺に中前安打を許し、無死一、三塁の同点のピンチを背負う。続く2、3番を何とか打ち取り2死としたところで、法大はサイドスローの石田旭昇(文1)にスイッチ。4番・熊澤諒太を歩かせたものの、続く5番・岡本蒼を三球三振に仕留め、ピンチをしのいだ。この時点で試合が2時間を超えたため、連盟規定によりゲームセット。ロースコアゲームを見事ものにした。

(湯浅駿)

クローズアップ:齊藤大輝

 今季のリーグ戦では早大の中川卓也、慶大の増居翔太、立大の山田健太など多数の1年生の活躍が目立つ。その中、法大でいち早く輝きを放ちアピールしているのが齊藤大輝(人1)だ。

 法大にとって新体制で迎えるフレッシュリーグ初戦。先頭打者として出場した齊藤は「フレッシュマンらしく積極的にリードオフマンとしてガンガン打っていこうというのは頭にありました」と試合後に語ったように、試合では新人らしくハツラツとしたプレーを見せ、先制のホームイン含む3安打の猛打賞を記録し、横浜高校でクリーンナップを打った実力通りの活躍を見せた。そんな齊藤だが、神宮球場には深い思い入れがあるようだ。「中学2年生のときに1回神宮で試合をしたことがありいい思い出があったので、そのイメージ通りにいいイメージで入れた」と語ったように、中学時代に全国大会で神宮球場を使い、ベスト4まで勝ち進んだ経験があり、そのときのいいイメージで今もプレーすることができていると言う。

 チャンスにめっぽう強く、勝負強い打撃が持ち味の齊藤。左打者の多い法大にとって、右打者は重要な存在だ。フレッシュマンらしくハツラツとしたプレーでアピールし、チャンスをものにする。

(髙橋尚輝)

選手インタビュー

後藤 克基 捕手

—今日の試合を振り返って
立ち上がりに杉下はちょっとボールが荒れてて、パスボールとか何個かあったんですけど、いろんな変化球を使いながら立ち直せたことは良かったです。

—1安打1打点でしたが
試合入るまでだいぶ調子良かったので、自信持って打席に入れたのが相手よりも上に立てたかなという風には思います。

—コンディションなどは
(試合がない)期間が長くて、フレッシュに合わせてやってきたのでコンディション的には良かったです。

—今日の杉下選手以外の投手陣の印象としては
平元は最近ちょっと調子悪かったんですけど、調子悪い中で自分のピッチングっていうのができていたと思います。石田に関しても神宮初登板で少し緊張する部分はあったと思うんですけど、あの場面で出てきてしっかり投げてくれたので良い経験にはなったのではないかなと思います。

—この試合に向けての調整などは
特に意識することはなかったんですけど、いつも通りやればという感じでした。ずっと紅白戦をしていて実践は積んできました。特別になにかをしたというのはないです。

—久しぶりの公式戦ですが
神宮に入って少し上がるというか、緊張する部分はあったんですけど、試合入るといつも通り落ち着いて冷静に試合を作っていけたと思うので、キャッチャーとしては良かったです。

—次戦に向けて
また1ヶ月空いて、1日試合してそれから3連戦続くのでそこの調整をしっかりしていきたいなという風には思います。やっぱりまだまだ1ヶ月もあるんでレベルアップして優勝目指してやっていきたいです。

齊藤 大輝 内野手

—今日の試合を振り返って
大学野球入って初めてスタメンで出してもらったのですが、まずはフレッシュマンらしく積極的にリードオフマンとしてガンガン打っていこうというのは頭にありました。

—4打数3安打でした
中学2年生のときに1回神宮で試合をしたことがありいい思い出があったので、そのイメージ通りにいいイメージで入れたと思います。

—どのような気持ちで神宮球場に立ちましたか
リーグ戦で先輩たちも頑張っているので、そこに照準を合わせつつ、チャンスだと思っているのでチャンスをもぎ取ろうという覚悟で打席に入っていました。

—チームの雰囲気は
ベンチやサポートしてくれる先輩方もいたので凄くいい雰囲気で背中を押してくれたかなと思います。

—次戦に向けて意気込みをお願いします
1ヶ月という期間があるので、1ヶ月調整するじゃなくて、日々進歩していきたいと思います。

神野 大樹 外野手

—今日の試合を振り返って
ミスもたくさんあったんですが、要所要所でピッチャーが頑張ってくれたりとか、野手もそんなに淡白で攻撃が終わるということもなかったので、そこで相手に流れを渡すことなくできたことが良かったかなと思います。

—流れを引き寄せる先制の適時打を放ちました
先発投手のストレートがあまりストライクゾーンに入ってこなかったので、スライダーに狙いを定めて打とうと思って、思い切って振っていってああいう結果が出たので、迷いがなくて良かったと思います。

—守備で一つ目測を誤る場面がありました
去年の新人戦に出ていて、神宮の外野は反射があって見づらいというのは皆にずっと言っていました。そこで、あの場面で自分がミスをしてしまったので、そこはチームにすごく迷惑をかけたなと思います。次はしっかり対応していければと思います。

—チームの雰囲気は
楽しんで野球をやろうというのをモットーでやっているので、今日も点を取った時に盛り上がったり、良い雰囲気ができているなと思います。でも、ミスも出ているのでここであまりぬるま湯に浸からずに引き締めて、次に向けて頑張っていきたいと思います。

—次戦に向けて
とにかく思い切ってやって、勝つだけだと思うので、これからしっかり練習に取り組んでいきたいと思います。

フォトギャラリー