5月5日(日)東京六大学春季フレッシュリーグ 東大戦 @明治神宮球場

3点本塁打を放った上田

黒星スタートのフレッシュリーグ2試合目の相手は東大。前日のリーグ戦の勝利に続きたい慶大は初回に宮尾将(商1・慶應)の適時打で先制すると、3回に上田寛太(商2・郡山)の3点本塁打などで大量得点する。投げては小林綾(環1・松本深志)、生井惇己(総1・慶應)、丸谷浩太郎(総2・國學院久我山)の3人が零封し、10対0で見事勝利を収めた。

東大バッテリー:●小林瑶、松田、横山ー山崎 

慶大バッテリー:小林、○生井、丸谷ー中澤、米倉 

慶大本塁打:上田1号3ラン(3回)

午前7時50分。快晴の下グラウンドに選手たちの声援が飛び交う中試合は始まった。慶大先発は小林。大学初先発ながら初回を三者凡退に抑える上々の立ち上がりを見せる。その裏、先頭・上田が東大の失策で出塁し無死二塁の好機を作ると、宮尾が中前に適時打を放ち先制に成功。一方小林は四球で走者を背負うも二遊間の好守もあり2、3回を無失点で抑える。

ビッグイニングになったのは3回裏。四球で走者をためると萩尾匡也(環1・文徳)の高く上がった打球を東大の左翼手が失策し、1点追加。なおも1死一、二塁から綿引達也(商2・慶應)の打球は野手のお見合いによりラッキーな中前適時打となり、中澤慎太郎(商2・法政二)、矢澤慶大(商2・慶應)も続いて適時打を放つ。さらには上田にだめ押しの3点本塁打が飛び出し、打者12人の猛攻でこの回一挙9得点を挙げた。

先発投手を務め、4回を無失点に抑えた小林

その後は点が動かない時間が続く。守備では4回小林が東大に初安打を許すも後続を打ち取り、生井が5回からのマウンドに上がった。7回に2死一、二塁のピンチを招くも次の打者を三振に切って取り、3回被安打1、2四球、4奪三振という投球を披露。スコアボードに0が並べられていく。対する慶大打線も沈黙。4回に中軸が3人で攻撃を終わらされると5、6回は2死から得点圏まで走者を進めるが得点にはつながらず。そして3番手で登板した丸谷が8回2死から左前打を放たれるも後続を断ち、9回も三者凡退に仕留めて試合終了。フレッシュリーグ初白星を挙げた。

3投手の継投で東大打線を0点に抑えた投手陣。わずか3安打にとどまった前回から修正し、10得点を挙げた打撃陣。投打噛み合い、力の差を見せて快勝した。次の試合は早慶戦、絶対に負けるわけにはいかない。そしてフレッシュリーグ優勝へ。成長を続ける若き選手たちの今後に期待だ。

(記事:小嶋華 写真:小林歩)