立大が9対5で法大に勝利。激戦を制して勝ち点1を獲得した。

9回に勝ち越しに成功して盛り上がる立大ベンチ。この日もチーム一丸だった。

 前日の1回戦を「久しぶりにチーム力で勝てた」(溝口智成監督)と先勝した立大は、この日もチーム一丸。初回、2死3塁から4番・山田健太(1年・大阪桐蔭)がレフトへ今季2号2ランを放って先手を奪うと、逆転された直後の4回表には2死満塁から押し出し四球と代打・鷲津澄(4年・世田谷学園)のタイムリーで勝ち越しに成功。その後、法大に再び同点とされたが、土壇場の9回表に江藤勇治(4年・東海大菅生)、柴田颯(1年・札幌一)の連打で1死1、3塁のチャンスを作ると、この日すでに3安打をマークしていた4番・山田のボテボテの内野ゴロが前進してきたショートが処理できず。「いい感じに飛んでくれて良かった」と幸運なヒットとなり、これが決勝打。その後、三井健右(3年・大阪桐蔭)、中嶋瞭(

5番手で登板して2イニングを無安打無失点に抑えた中崎が勝ち投手となった。

3年・佼成学園)のタイムリーで突き放した。

4番・山田が9回にラッキーな決勝打を放つ。この日4安打3打点の活躍を見せた。

 ピッチャー陣は、先発の江口奨理(4年・浦和学院)から5投手の継投策で、途中で少しフラフラしまいたけど、なんとか繋いで粘り強く投げた」と溝口監督。4番手の中川颯(3年・桐光学園)、5番手の中崎響介(3年・立教新座)の好投が光った。

 一方、敗れた法大は、安本竜二(4年・静岡)が3回に逆転タイムリーを放つと、5回には「完璧に捉えられた」と左中間に2ラン。これがリーグ記録に並ぶ5試合連続の本塁打となり、「本当にびっくりしています」と驚きながらも、「もっとやれるんじゃないかと、自分にワクワクしています」と記録更新に意欲を見せた。

リーグタイ記録となる5試合連続本塁打を放った法大・安本

■立教大vs法政大2回戦
立教大 200 300 004=9
法政大 003 020 000=5
【立】江口、手塚、栗尾、中川、○中崎−藤野
【法】三浦、柏野、内沢、●朝山、新井−渡邉、古山
本塁打:立大・山田《1回2ラン》、法大・安本《5回2ラン》

◎立教大・溝口智成監督
「よくやりましたね。みんなが役割をよく果たした。ピッチャーも2戦目はこういう形だなと思っていて、途中で少しフラフラしまいたけど、なんとか繋いで粘り強く投げた。いい試合ができた。(4番の山田は)勢い付けるホームランも大きかったし、4安打ですからね。柴田のエンドランも大きかったし、本当によくベンチも含めて戦った。昨日もそうでしたけど、昨日にも増してチームワークで、チーム一丸で勝てたと思います。これをキッカケにあと2カード、まずは来週の早稲田戦でしっかり戦って、秋にも繋げたい」

◎立教大・山田健太(1年・大阪桐蔭)
「(先制2ランは)まさかホームランになるとは思わなかった。思い切り振った結果がホームランになって良かったです。少し上がり過ぎたんですけど、入ってくれて良かった。(決勝打は)打球としてはボテボテだったんですけど、いい感じに飛んでくれて良かったです。昨日今日といい形で勝てたので、勢いに乗って勝ち点を取って、一つでも順位を上げられるようにしたい」

◎法政大・安本竜二(4年・静岡)
「(今日の本塁打は)完璧に捉えたので行くと思いました。(5試合連続本塁打については)本当にびっくりしていますし、まだまだ楽しみだなと思います。もっとやれるんじゃないかと、自分にワクワクしています。自分の1打席1打席に集中した結果だと思います。常に神宮で打つことをイメージして練習してきて、それが結果として出るようになって素直に嬉しいです」