<写真・表彰状を手にする中村主将を中心に写真撮影に応じる選手たち>

   5月4日、マリンテニスパーク北村にて2019年度関西学生ソフトテニス春季リーグ戦(2日目)が行われた。    

  きょうの初戦の相手は関大。1戦目の半田(法3)、山口(経4)ペアが敗北するも、2戦目の福田(教2)が勝利した。1-1で迎えた3戦目の小林(人3)、村井(文3)ペアがファイナルゲームにもつれ込む接戦を制し、関大に2-1で勝利を収めた。続いて立命大との対戦。今度は半田、山口ペアが激戦を繰り広げた末、勝利。続く福田は強敵を相手に食らいつくも、一歩及ばず敗北した。そして、再び小林、村井ペアが粘りのプレーで白星。2-1で立命大に勝利した。

  2日間に渡って行われた今大会の最終成績は3勝2敗。昨年の秋季リーグ戦からの連覇とはならず、3位で幕を閉じた。

本日の試合結果

対関大

半田・山口★1-4

福田☆4-2

小林・村井☆4-3

対立命大

半田・山口☆4-3

福田★3-4

小林・村井☆4-2

試合後のコメント

中村仁菜主将(文4)「今回のリーグ戦は下級生に支えられた大会だった。上級生が思うようにプレーできなかった中、応援などで盛り上げてくれた。2敗した試合はどちらも勝てる試合だったので悔しい。技術はあるが、試合で力を出し切る気持ちが足りなかった。西日本インカレは、出場するメンバーが大きく変わる。全員がメンバーを狙うことで競い合い、練習の質を上げていきたい。西日本インカレでは優勝します」