大会2日目を迎えた関東学生トーナメント(春関)。この日も各地で熱戦が繰り広げられた。男子シングルスでは佐藤祥次(スポ4=大分舞鶴)が丹下将太(教1=東京・早実)、古賀大貴副将(スポ4=大分舞鶴)が小林雅哉(スポ4=千葉・東京学館浦安)との同士討ちをそれぞれ制し3回戦へ。田中優之介(スポ3=埼玉・秀明英光)や千頭昇平(スポ3=愛知・誉)といったシード選手も順当に2回戦を突破した。女子では押川千夏(社1=福井・仁愛女子)や松本妃那(スポ2=福岡・柳川)が強敵相手に白星を挙げ3回戦に駒を進めている。

★佐藤が丹下との熱戦を制し3回戦へ(男子部)


丹下との同士討ちを制した佐藤

 男子シングルス2回戦では早大選手による同門対決が3カード実現。ルーキーの小久保蓮(スポ1=愛知・名古屋)と対戦した千頭はファーストセットを6−1、タイブレークにもつれたセカンドセットも取り切りストレート勝ちで2回戦を突破した。4年生同士の対戦となった古賀と小林の対戦はファーストセットを小林が奪ったものの、古賀がセカンドセット、ファイナルセットを6−4で奪い逆転勝利を収めた。
 最上級生の佐藤とルーキーの丹下による実力者同士の対戦は佐藤がコーナーを正確に打ち分け丹下のミスを誘いファーストセットを先取。しかし、セカンドセットに入ると丹下が強烈なサーブやストロークショットで佐藤を圧倒し、6−1で勝負はファイナルセットへ。ファイナルセットでも丹下が優勢を保ち試合を運ぶが、「自分ができることだけを考えていた。最後はこれまでの経験が勝負を分けたと思う」と佐藤が持ち味の粘りのテニスを展開。佐藤は0−2から2ブレークを奪い3ゲームを連取して逆転をすると、最終第9ゲームでもブレークに成功。4年生とルーキーによる死闘は最上級生の意地を見せた佐藤に軍配が上がった。
 シード選手は順当に3回戦への勝ち上がりを決めた。高村佑樹主将(スポ4=千葉・東京学館浦安)は1回戦で本多映好(スポ3=岩手)を下していた堀内竜輔(亜大)に対し6−1、6−4のストレート勝ちで2回戦を突破。田中優も「ファーストサーブの成功率が高く試合を優位に運ぶことができた。自分のやるべきことを貫けた」と本玉卓(慶大)を寄せ付けずストレート勝ち。木元風哉(社2=埼玉・早大本庄)、ルーキーの白石光(スポ1=千葉・秀明八千代)もそれぞれストレートで3回戦進出を決めた。

★ルーキー押川が全日本学生ランキング1位を撃破!(女子部)


ランキング1位の松田を完勝で下した押川

 ルーキーの押川が大金星を挙げた!2回戦で全日本学生ランキング女子シングルス1位(2019年4月付)の松田美咲(亜大)と対戦した押川はファーストセットを6−4で先取。続くセカンドセットはタイブレークの末に落としたものの、ファイナルセットを6−3とし、見事完勝を収めた。「正直結果には自分でも驚いています。受け身にならずに自分からポイントを取りに行くことができました」と押川は勝利を振り返った。この日は多くのルーキーが躍動。松田岬(スポ1=東京・淑徳)が1回戦を、吉岡希紗と安藤優希が2回戦をそれぞれストレートで突破している。松本妃は慶大の主力選手である末野聡子に対し6−4、7−6(6)のストレート勝ち。関東学生新進選手権で優勝した田中李佳(スポ2=兵庫・相生学院)は山田菜津子(文構3=石川・大聖寺)との同士討ち6−4、6−2のストレートで制した。上級生は多くの選手がその実力を発揮。米原さくら(スポ3=埼玉・秀明英光)が1回戦を、森川菜花(社4=山口・野田学園)、倉持美穂(商3=東京・早実)、エースの清水映里(スポ3=埼玉・山村学園)が2回戦を勝ち進んだ。
 女子ダブルスでは大石真珠美主将(教4=東京・早実)・松田望愛組が1回戦に臨んだ。ファーストセットを幸先よく先取した大石・松田望組だったが、続くセカンドセットを1−6で落とし勝負はファイナルセットへ。スーパータイブレーク制のこのセットを11−9でものにし、主将とルーキーによるペアが初戦を突破した。

(記事 林大貴、写真 涌井統矢)

結果

男子シングルス
▽2回戦
◯木元風哉 [6-4、6-4] 河内健(明大)
◯白石光 [6-0、6-0] 中村公宣(専大)
●樋口廣太郎 [6-7(4)、6-7(5)] 成耀韓(慶大)
◯千頭昇平 [6-1、7-6(6)] ●小久保蓮
●武藤洸希 [2-6、5-7] 柚木武(法大)
◯古賀大貴 [4-6、6-4、6-4] ●小林雅哉
◯藤井颯大 [3-6、6-1、6-3] 上野浩太郎(立大)
◯佐藤祥次 [6-3、1-6、6-3] ●丹下将太
◯髙村佑樹 [6-1、6-4] 堀内竜輔(亜大)
◯田中優之介 [6-2、6-0] 本玉卓(慶大)
●安上昂志 [6(4)-7、7-5、3-6] 工藤颯人(亜大)


女子シングルス
▽1回戦
●守口蘭夢 [2-6、2-6] 芝田詩歩(山梨学院大)
◯米原さくら [6-0、7-6(2)] 李淑玲(亜大)
◯松田岬 [6-1、6-2] 狐塚理子(山梨学院大)


▽2回戦
●大河真由 [7-5、5-7、2-6] 石野碧(山梨学院大)
◯倉持美穂 [7-6(3)、6-1] 平野歩(慶大)
◯森川菜花 [6-4,2-6,6-3] 芝田詩歩(山梨学院大)
●松田望愛 [0-6、2-6] 岩井真優(筑波大)
◯清水映里 [6-1、6-3] 鈴木沙也伽(山梨学院大)
◯吉岡希紗 [6-3、6-3] 川原舞(学習院大)
◯押川千夏 [6-4、6(6)-7、6-3] 松田美咲(亜大)
◯松本妃那 [6-4、7-6(6)] 末野聡子(慶大)
◯田中李佳 [6-4、2-6] ●山田菜津子
◯安藤優希 [6-3、6-3] 中村礼(慶大)


女子ダブルス
▽1回戦
◯大石真珠美・松田望愛 [6-3、1-6、11-9] 俣賀瑞希・柿澤明里(日大)

コメント

丹下将太(教1=東京・早実)

――予選から出場された大会でしたが、振り返っていかがでしたか

大学に入って初めての公式戦で、しかも個人戦とということだったんですけど、今まで高校生の中でやってきた時と比べてテニスのレベルがだいぶ違くて、簡単に勝てる試合っていうのが少ない印象でした。きょうの試合も高校レベルではなかなかいないような粘り強いプレースタイルの相手だったので、「The・大学テニス」というのにやられちゃったという感じですね。

――佐藤祥次(スポ3=大分舞鶴)選手との対戦を振り返っていががですか

大学テニスの粘り強さといいますか、祥次さんみたいなテニスをする選手に勝てないともっと上のステージにはいけないと思っているので、きょうの試合は勝っておきたかったですね。

――きょうの試合でご自身が及ばなかった点はどこにあったと思われますか

ショット一つ一つの精度を上げていくというのが課題としてあげられると思うんですけど。それより、ゲーム中のギアの入れどころというか、集中力を上げるところが自分はわかっていなくて。人に言われて気がつくところが多かったので。テニスっていうスポーツは個人競技なので一人で戦わなきゃいけない分、そういうところをしっかりと理解して戦う必要があるなと思いました。

――今大会の結果に関してはどのように捉えられていますか

まず、シングルスに一回勝ったのでインカレの予選に出られるということが決まりました。なので、きょう出た「ショットの精度を上げる」という課題であったり、試合の流れの中でギアをいつ上げるのかっていうのををインカレまでにしっかり自分で理解してやっていきたいと思います。あとは、ダブルスが明日あるのでそちらでもインカレに出場できるように頑張ります。

――今後へ向けた意気込みをお願い致します

もうすぐ早慶戦があって、自分は選手としては出れないかもしれないんですけど、サポート側に回ることになったら一年生らしく元気よくボーラーであったり審判であったりといった裏方で頑張りたいなと思います。選手としては、インカレベスト8を目指して頑張ります。

押川千夏(社1=福井・仁愛女子)

――強敵の松田選手が相手でしたが、試合を振り返っていかがですか

正直結果には自分でも驚いていますが、試合では応援も非常に力になり、苦しい場面でも終始ファイト出来たと思います。

――試合において意識したことはありましたか

単発にならず、しっかりと我慢してラリーをする事です。

――今日勝てた一番の要因というのは

ミスしても受け入れて前向きに考えることが出来た事と受け身にならず自分からポイントを取りにいける場面が多かった事ですかね。

――1回戦、2回戦と強豪選手を下していますが、自信になる部分や成長を感じる部分はありますか

強い相手に対して向かっていく姿勢を貫けた事やしっかりとファイトして出し切る事が出来た部分です。

――今後の春関での戦いへ向け一言お願いします

始めての春関で常に向かっていく姿勢を大事にして目の前の一戦一戦を戦っていきたいです。