大会1日目は上々の結果だ。昨日の試合が雨天中止のため、本日開幕した関東学生トーナメント(春関)。男女のシングルス1回戦が行われ、7人が2回戦へと駒を進めた。

◆4・30〜5・6 関東学生トーナメント(早大東伏見コート他)

▼5・1

[男子シングルス1回戦]

○安増 2{7―5、6―4}0 奈良部(専大)

○田中 2{6―3、6―4}0 堀(早大)

○徳 2{4―6、6―3、7―6}1 小峰(中大)

○合戸 2{6―2、6―2}0 川島(慶大)

○町田 2{6―1、6―0}0 小林(日大)

[女子シングルス1回戦]

○金山 2{6―2、6―2}0 山田(東洋学園大)

○吉田百 2{6―0、6―1}0 小田(日体大)

 岡垣 0{4―6、3―6}2 阿部(筑波大)○

【男子シングルス1回戦:安増篤史(商4=折尾愛真)VS奈良部駿(専大)】

 2年次から主力として活躍する安増。7―5、6―4のストレート勝ちを収め、昨年度の夏関(関東学生選手権)予選で負けた相手にリベンジを果たした。

 シーズンオフ期間、重点的に練習してきたサーブが光った今試合。昨年度はファーストサーブの確率が悪く、セカンドサーブを相手に強打される場面が目立った。「打点を高くすることを意識したら上から叩けた」と、第1セットが2―5になっても焦りはなかった。第8ゲームを落ち着いてキープすると、第9ゲームでギアを上げ、ブレーク。5ゲーム連取で第1セットを奪取すると、第2セットも流れを離さず、白星を挙げた。

 福岡に住む両親が見守る中での公式戦は、昨年度のインカレ以来。「第1セットの2―5からよく挽回したっていうのと、ディフェンスが良かったと父からほめられた」と、恥ずかしそうに笑った。

 令和最初の優勝を目指す。男子シングルス8名、男子ダブルス5組※、女子シングルス7名、女子ダブルス4組が出場している今大会。「上位を狙う」(安増)。2015年9月の関東学生選手権(夏関)・澁田大樹氏(平29商卒)以来となる関東大会の個人優勝へ。選手たちの活躍に目が離せない。

[渡部伊織]

※高坂裕也(政経4=岡山理大付)・所司雄大(立大)組を含む

関東学生トーナメント2019の写真をこちらに掲載しています‼️

試合後のコメント

安増

――相手はどのような選手でしたか。

 「トリッキーなプレーをしてくる選手でした。集中力が続くタイプではないとわかっていたので、第1セットを取ったらそのままいけると思っていました。その通り、第2セットは取った流れのままいけました。去年の夏関二次予選で負けていたので、リベンジできて良かったです」

――ご両親も福岡から応援に来られていましたね。

 「前回来たのは去年のインカレです。久しぶりに来たので頑張ろうと思いました。自分は両親の影響でテニスを始めました。父は会社のテニスチームでやっていて、母はたまにやっています。小さい頃から父と2人で練習していて、技術面の指導もしてもらっています。今日の試合後は、第1セットの2―5からよく挽回したっていうのと、ディフェンスが良かったとほめられました」

――今年のチームはいかがですか。

 「合戸廉太朗主将(法4=大分舞鶴)がみんなの気持ちを上げてくれているので、僕もそれに乗って気持ちが上がってきています。チームはとても良くなってきていると思います。練習でいいプレーができて、試合でもそれを発揮できるようになってきています」

――明日以降の意気込みをお願いします。

 「インカレの本戦がまだ決まっていない※ので、単複で本戦を決めます。そして、上位を狙います」