4月27日(土)東京六大学春季リーグ戦 法大1回戦 @明治神宮球場

貴重な3点本塁打を放った小原

圧倒的な個の力を備える法大との初戦、慶大はエース・髙橋佑樹(環4・川越東)をマウンドに送るが、初回にミスも絡んで先制点を奪われる。しかしその後はランナーを出しながら粘り強いピッチングで追加点を許さなかった。打線は法大エース・三浦に対して4回までノーヒットに抑えられるも、6回、郡司裕也(環4・仙台育英)の適時打で同点に追いつくと、続く7回、柳町達(商4・慶應)の適時打で逆転に成功する。8回には小原和樹(環4・盛岡三)の大学通算2本目となる3点本塁打で駄目押し。最終回のマウンドに上がった髙橋亮吾(総4・慶應湘南藤沢)が最速152キロの速球を中心に法大打線を抑え、初戦をモノにした。  

  数日前の暑さから一転、冷たい風が吹き抜ける神宮球場で試合は始まった。初回、マウンドにはエース・髙橋佑。先頭バッターを見逃し三振に抑えるも、続くバッターのボテボテの当たりが内野安打となってしまう。不運な形でランナーを許すと、続く3番のところで法大ベンチがエンドランを仕掛けてくる。打球はショート正面、しかしこれが難しいバウンドとなり打球はセンターへ。初回からいきなり1死一、三塁のピンチを背負う。なんとか無失点に抑えたい慶大だったが、4番・伊藤に対してボールが先行。ツーボールからの3球目、ストライクを取りに行った甘い球をレフトに弾き返され三塁ランナーが生還、先制点を許してしまう。しかしその後は立ち直り、ランナーを出しながらも得点には繋げないピッチングが続く。「法政打線が打つことはわかっていた」(髙橋佑)と話すように4回まで毎回安打で出塁を許すも、粘り強いピッチングで追加点を与えることはなかった。

強力法大打線を8回自責点0に抑えた髙橋佑

一方の打線は法大エース・三浦の緩急に苦戦し、4回までノーヒットに抑えられる。援護がない中迎えた5回、ここで髙橋佑が初めて法大打線を三者凡退に抑え込み、続く6回は郡司の盗塁阻止などもあり良いリズムを作りで攻撃につなげる。その裏、先頭打者は慶大が誇る安打製造機・柳町。フルカウントで迎えた7球目をライトへ弾き返し出塁に成功する。渡部遼人(環2・桐光学園)、中村健人(環4・中京大中京)が倒れ2死二塁となって迎えるバッターは慶大の主砲・郡司。追い込まれてからの5球目、前の打席で三振を奪われた時と同じ外の変化球を引きつけてライト前へ。ライトがホームへ送球するも柳町の足が勝り同点に追いつく。

変化球を上手くすくい上げ同点適時打にした郡司

同点となり勢いに乗った慶大は続く7回、8番・瀬戸西純(政3・慶應)が内野安打で出塁すると高橋佑がきっちり送り2死二塁。打席には同点のきっかけとなるヒットを放った柳町。「来た球をしっかりスイングできた」と言う当たりは右中間真っ二つの適時打となり終盤での逆転に成功する。慶大の勢いは止まらない。二つの四死球で2死一、二塁とすると打席には7番・小原。「長打を狙った」と言う小原の当たりは詰まりながらもレフトスタンドへ。リーグ戦通算2本目となる本塁打はダメ押しの3点本塁打となった。

勝ち越しの適時打を放った柳町

5対1となって迎えた9回のマウンドには、今季からクローザーを任されている髙橋亮。先頭打者・安本に本塁打を放たれ、1点を与えるもその後は最速152キロのストレートを武器に法大打線を抑え込んだ。最後のバッターを空三振に打ち取りゲームセット。昨季の東京六大学リーグ戦を制した法大相手に見事逆転勝ちを収めた。

頼れる豪腕・髙橋亮
152キロを記録した

慶大優勝の大きな壁の一つである法大との大事な初戦を「活躍しなければいけない2人」の活躍によりモノにした慶大。ただ、好投手を多く擁する法大相手には明日も決して楽な試合展開になることはないであろう。大久保監督が「そこ(郡司、柳町)の周りをしっかりと支えるような選手たちがどれだけ頑張れるかだと思います。」と語るように強敵・法大相手には全員野球が求められることになる。慶大野球部持ち前の「チーム力」を十二分に発揮し、連勝で勝ち点奪取を目指す。
(記事:五十右瑛士 写真:菊池輝、竹内大志)