法政大学 2 - 5 慶應義塾大学
勝:髙橋佑 敗:三浦
本塁打:法大・安本 1号(9回)/慶大・小原 1号(8回)

髙橋佑(④川越東)の粘り強い投球に終盤、打線が応え逆転で慶大が先勝

1回表1死1・3塁から法大が4番・伊藤(④中京大中京)のレフト前への貴重なタイムリーを放ち先制。法大が初回から打線が繋がる。

慶大先発の髙橋佑は毎回ランナーを出すも要所を抑え、追加点を与えない粘りの投球。法大先発の三浦(②福岡大大濠)も5回を投げて、被安打2の好投で反撃を許さない。

しかし慶大が遂に試合を振り出しに戻す。 6回裏、2死2塁から4番・郡司(④仙台育英)が技ありのライト前ヒットで同点に追いつく。 キャプテンがプレーでチームを牽引する。

そして7回裏、流れにのる慶大が2死2塁のチャンスをつくり、1番・柳町(④慶應)がセンター前への勝ち越しのタイムリーヒットを放ち、遂に慶大が逆転に成功する!

さらに慶大は8回裏、2死1塁2塁から6番・小原(④盛岡三)がレフトスタンドへ貴重な3ランホームランを放ち、リードを一気に4点に広げる。

法大は9回表、安本(④静岡)が反撃のソロホームランを放つも反撃はここまで。 三浦の好投も序盤のチャンスで一本が出なかった。

慶大先発の髙橋佑はランナーを出すも粘りの投球。 打線も終盤に応え、慶大が先勝。