レジェンドたちのRWC回顧録② 2015年大会 五郎丸歩(後編)

 日本ラグビー史に燦然(さんぜん)と輝く2015年のラグビーワールドカップ(RWC)。

 日本代表は、初戦の南アフリカ戦に勝利し(34-32)、番狂わせを演じた後、中3日で迎えたスコットランド代表には敗北(45-10)を喫した。だが、次戦の難敵サモア代表には完勝(26-5)し、南ア戦が奇跡でなかったことを証明した。決勝トーナメントへの道が断たれた後のアメリカ戦(28-18)でもプライドを示し、結局、3勝1敗の好成績を残した。



今大会のラグビーW杯は、NHKのナビゲーターに就任した五郎丸歩

 目標を達成することはできなかったが、日本代表は世界のトップクラスにも伍していけるという自信を得ることはできた。一躍、「時の人」となった五郎丸歩は、プール戦4試合すべてに出場し、1トライ7ゴール13PG(ペナルティーゴール)の合計58得点をマークした。五郎丸は、最後の米国戦の試合後のテレビインタビューで、「複雑ですね」と漏らすと、言葉を詰まらせ、左の手の平で顔を覆ったのだった。

 あれから4年が経った。あの時の涙の理由を聞けば、「ほんと、いろいろな感情が交じっていました」と静かに言った。

「自分が代表を引退するというのを自分の中で決めていたし、目標であるクオーターファイナルに届かなかったし…。一番、心にあったのは、このチームがこれで解散してしまうという寂しさでした」

 あと一歩だった。あと一歩。決勝トーナメントに勝ち上がれば、8万2千人収容のトゥイッケナムスタジアムで準々決勝を戦うことになっていた。

「やっぱり、トゥイッケナムでやりたかったですか」と聞いた。

五郎丸は視線を遠くに運び、つぶやく口調で続けた。「やりたかったですね」

――南アフリカ戦勝利の後の3試合。一番印象に残る試合はどれでしょうか。

「サモアとの試合は、僕らのラストチャンスだと思っていたんです。南アフリカに勝って、スコットランドに大敗して、やっぱり南ア戦は奇跡だったんだと思われそうになりました。日本国内のテレビ放送時間を考えたとき、サモア戦(日本時間10月3日午後10時半キックオフ)が多くの一般の方が観るラストチャンスだったんです。4戦目の米国戦(同10月12日午前4時キックオフ)は未明でしょ。サモア戦で結果を出さないと、自分たちが出したメッセージはただの奇跡で終わってしまうって思っていたんです。だから、かなり、チームとしても準備しました」

――日本でテレビを観る人のことを考えていたんですか。

「はい。僕は気にしていました」

――日本代表、26-5の完勝でしたね。

「ええ完勝でした」

――発信したいメッセージって何だったのでしょうか。

「ラグビーファンの方はわかってくれるでしょうけど、19年日本大会を盛り上げるためには、まったくラグビーを観たことのない人たちを感動させないと、僕らの目標は達成できないなと思っていました。放送時間を見ると、サモア戦がラストチャンスだったんです」

――深夜帯ながら、平均視聴率が19.3%、瞬間最高視聴率は25.2%の高視聴率を記録しました。勝つことでラグビーのすばらしさを多くの視聴者に伝えることができました。そして、最終戦の米国戦ですが。

「自分たちができることはやって、最終戦を迎えたわけです。自分たちが目標としていたクオーターファイナルにはもう、行けない。でも、自分たちが4年間、何のためにこのチームで戦ってきたかというのをもう一度、チーム内で共有しようとなりました。じゃないと、チームとして何か柱をひとつ、外されたようになってしまって…。チームとしてなぜ、4年間、頑張ってきたのかということを共有してアメリカ戦に臨んだのです」

――アメリカ戦も28-18の快勝でした。日本代表はタフになったと思ったものです。

「そうですね。4試合を戦えるだけの力を、4年間でかなりハードなトレーニングをして培ったんです。ワールドカップのスケジュールに合わせて試合をしたり、できる限りの準備をしたり、すべてやっていたので、自信というのはかなりありました」

――”エディー・ジャパン”ってどんなチームだったのでしょうか。

「ほんとうにみんながチームのために自分の力を出し切っている感じでしたね。あとはやっぱり、ワールドカップに行ったメンバーだけじゃなく、行けなかったメンバーに対する気遣いもできるようなチームで。”あいつのためにもっと頑張らないといけない”といった気持ちが自然と出てくるチームでしたね」

――そういえば、ワールドカップメンバーに漏れた選手も試合前のモチベーションビデオに登場していたそうですね。

「そうですね。やはり日本代表って憧れの存在にならないといけないんです。チームスローガンで『憧れの存在になる』というのを掲げた年もありました。憧れのチームはみんなが応援してくれるんです。廣瀬(俊朗)さんや菊谷(崇)さんが中心となって、国内の自分たちの所属チームだったり、選考に漏れた選手だったり、あとはラグビーファンのメッセージをミックスした映像をつくってくれたんです。いろんな人に支えられてプレーしているんだということを感じていました」

――そういう思いがあって、米国戦の後の会見で、「ラグビーにヒーローはいない。みんながヒーロー」と言ったんですね。いいフレーズです。

「そうですね。試合に出ている人もいますけど、ほんと苦しくて、チームのためにからだを張り続けて、身も心も削られた選手っていっぱいいたんです。ジグソーパズルの一片じゃないですが、いろんな人の力があって、自分たちが戦えたんだという思いが強かったのかもしれません」

――ワールドカップで得たものは。

「一番は日本人でもできるということです。たぶん、ラグビーをやっている人はそれをすごく思ったんじゃないでしょうか。それまでは、僕も子どもの頃はそうでしたけど、日本人は弱い、海外では戦えない、とずっと思い込んでいたんです。そんな固定観念を壊したチームだったと思います」

――あの大会で人生変わりましたか。

「変わりましたね。やっている時はまったく考えてなかったけれど、終わり(代表引退)を決めていたし、頑張ろうと腹をくくっていましたから」

――どんな時間でしたか。

「もう楽しくてしょうがなかったですね。からだはしんどかったですけど、ほんと、毎日毎日が楽しくて」

――さて、あと4カ月ほどでラグビーワールドカップが始まります。アジアで初となる日本開催です。日本代表にはどんな期待を。

「4年前のイングランド大会というのは、ほとんどの人がテレビでしか観ていません。幻想じゃないですけど、そういう世界に近いものがあると思うんです。でも、今度は日本開催ということで、ナマで見る日本の方がたくさんいらっしゃると思います。そんな人たちに衝撃を与えてほしい。もう、僕らの”奇跡”という文字を消してほしいですね」

――決勝トーナメント進出のポイントは。

「やっぱり目標を(2戦目の)アイルランドに置くべきですね。前回、我々もプールでトップチームの南アに置きました。絶対、”打倒!アイルランド”です」

――当然、初戦のロシア戦は必勝ですね。

「開幕戦も重要だと思います。勝って当然みたいな空気がありますが、自国開催のプレッシャー、初めてワールドカップを体験する選手もたくさんいるわけです。僕らは、多くの日本人が注目していないようなところでワールドカップを戦っていたので、その時とは比較できないですよね。状況が違い過ぎて。その中で結果を出していくことはかなりきついことだと思います」

――結果を出すためには。

「準備しかないですね」

――プラスの材料は。

「僕らの時と違い、今はサンウルブズがあります。そこで世界のトップレベルの試合ができます。調整ですね。いろいろと高いレベルでテストができるのは、4年前にはなかったことです。日本代表にとって、ポジティブなところだと思います」

ーー大会の試合以外で期待していることは。

「ラグビーを見るスタイルという点で、日本のオリジナリティができればいいと思っています。いまの日本の観戦スタイルはイングランドの観客をマネしていると思うんです。静かにするというのは、イングランド人はそれが自然なんです。でも、フランスにいけばラッパを吹いている人もいるし、オーストラリアにいけばブーイングをする人もいる。ニュージーランドもまた、違う。日本でワールドカップがあることで、日本独自の観戦スタイルができればすごく面白いなと思います」

――ところで、自身のプレーはいつまで。

「とりあえず、あと2年は間違いなくやります。35の年齢になりますね。(年齢)きましたね、けっこう。ははは」

 日本代表の背番号15を背負ったFB(フルバック)五郎丸歩。

2015年のラグビーワールドカップ・イングランド大会では濃密な時間を過ごし、残酷な結果に泣きもしたけれど、だから大きくもなれた。日本ラグビーのための使命感は、富士山と太平洋をのぞむレストランでのインタビューの率直な言葉ににじんだ。

 それにしても、五郎丸の語りは飛躍的によくなった。じつは、話題は大リーグを引退したイチローにも及んだ。「イチローさんがすごいところは、感覚を言葉にできて、人に伝える力、これってほんと、一流だなと思います」

 五郎丸は、「僕は(RWC直前に)感覚で過ごしたくないなと思ったので、日記を書き始めたんです」と教えてくれた。

 自己分析、感覚の言語化。これもアスリートとしての成長とは無縁ではないだろう。