TEAM
法 大
慶 大
(慶)○髙橋佑、髙橋亮―郡司
◇(本塁打)小原1号3ラン(8回)

 季節外れの肌寒さが感じられた神宮球場。慶大は東京六大学リーグ戦(リーグ戦)連覇を目指す法大との対戦に挑んだ。初回、先発・髙橋佑樹(4年)が先制点を奪われる。一方の打線も、試合前半は思うように得点を挙げることができない。しかし、6回に4番・郡司裕也主将(4年)が同点の適時打を放つと、続く7回にも柳町達副将(4年)が好機をものにし、逆転に成功。その後もリードを保ち、快勝を収めた。

 先発のマウンドに上がった髙橋佑。初回、安打と味方野手の失策で1死一、三塁のピンチを迎えると、相手4番に三遊間を抜かれる先制打を許してしまう。高橋佑はそれ以降の回も走者を背負いながらの投球を強いられた。それでも緩急を生かした投球で要所を締め、追加点を許さない。一方の打線は、法大先発・三浦銀二(2年)の前に、4回まで安打を放つこともできず。反撃の糸口を見いだすことができず、苦しい時間が続いた。


4回のピンチを空振り三振で切り抜け、雄たけびを上げる髙橋佑

 風向きが変わり始めたのは5回。この回先頭の嶋田翔(3年)にチーム初安打が生まれる。6回の守備では、盗塁を試みた走者を捕手・郡司が捕殺。自軍にリズムが生まれ始める中、迎えた直後の攻撃だった。先頭・柳町が右前打を放つと、その後二進。2死二塁の場面で郡司に打席が回る。ここまで2打席連続三振を喫していた慶大の4番。しかしカウント2-2から外角の変化球にうまく反応すると、打球は右前に。この間、柳町は一気に本塁を陥れた。勢いに乗った慶大打線は続く7回。再び2死二塁の状況をつくり出し、打席には前の回に同点のホームを踏んだ柳町。2球目を捉えると、これが中前への適時打に。開幕から好調を維持するリードオフマンの一打で勝ち越しに成功した。その後も勢いは止まらない。8回には7番・小原和樹(4年)に左越え3ラン本塁打が飛び出し、リードを一気に広げてみせた。最終回は髙橋亮吾(4年)が先頭打者に本塁打を浴びてしまうものの、その後は150キロ超の速球を武器に追加点を許さず。勝ち点奪取へ価値ある白星を挙げた。


郡司がしぶとく右前に運び、同点に追い付いた

 開幕3連勝を飾った慶大。振り返ってみれば、試合序盤から有利な展開に持ち込むことができていたわけではなかった。それでも接戦を制したのは、髙橋佑がしっかりと抑えてリズムをつくり、打線が6回以降の数少ない好機をものにできたことが要因と言える。また主力が期待通りに仕事を果たせていることも良い材料だ。理想に近い逆転勝ちを収め、見据えるは2季ぶりの覇権奪還。次の2回戦を確実に勝ち取り、首位争いを優位に進めていきたい。

(記事 小原央、写真 細井万里男、瀧上恵利)