写真:丹羽孝希(スヴェンソン)/撮影:田村翔(アフロスポーツ)

<2019世界卓球選手権大会・個人戦(ハンガリー・ブダペスト) 2019年4月21日~4月28日>

現地時間26日、世界卓球は終盤にさしかかる。会場には1台のみ残され、男子はシングルス準々決勝と、ダブルス準決勝が行われた。

丹羽は惜敗でベスト8

男子シングルス準々決勝、日本代表の丹羽孝希(4月度世界ランキング8位・24歳)=スヴェンソン=は梁靖崑 (同9位・22歳)=中国=と対戦した。日本勢40年ぶりの男子シングルスでのメダルをかける丹羽は随所でファインプレーを見せ、会場は異様な盛り上がりを見せる。接戦となったこの試合は、最後は4-3で梁靖崑に軍配が上がった。

惜しくも敗れた丹羽は2大会連続のベスト8。ベスト16以上は2013年大会から4大会連続だ。次回は中国の厚い壁を破り、さらなる上位進出に期待がかかる。

シングルス準々決勝、他のカードでは、3連覇がかかる馬龍 (同11位・30歳・中国)が林高遠(同3位・24歳・中国)との同士討ちを制して準決勝進出。準決勝は馬龍対梁靖崑と、ふたたび中国対決となった。

トーナメントもう一方の山は快進撃の連続

トーナメントもう一方の山で勝ち上がったのはマティアス・ファルク(同16位・27歳・スウェーデン)と安宰賢(同157位・19歳・韓国)の2人だ。

ファルクの相手は、許キン(同2位・29歳・中国)を破って勝ち上がったシモン・ゴジ(同34位・24歳・フランス)。注目のヨーロッパ対決は4-1でファルクが制し、前回大会ベスト32のファルクが快進撃で初のメダルを確定させた。

もう一方の準々決勝は韓国勢対決。黄鎮廷(同14位・中国香港)や張本智和(同4位・木下グループ)を破り、快進撃を続ける若い安宰賢の相手は張禹珍(同10位・23歳)。メダルをかけた同国対決は激しい打ち合いとなり、勝負は最終ゲームへ。一度は10-9と張がマッチポイントを握るが、そこから安が3連続ポイントで勝負を決めた。世界ランク157位ながらメダルを獲得した19歳は、今大会のシンデレラボーイだ。

27日に行われる準決勝は、馬龍対梁靖崑の中国対決と、もう一方はマティアス・ファルク対安宰賢のカードとなった。波乱が続くシングルスもいよいよ大詰め。28日の決勝進出をかけた準決勝は現地時間17時(日本時間24時)から開始予定だ。

男子ダブルスはルーマニアとスペインの国際ペアが決勝へ

男子ダブルスでは、オビディウ・イオネスク (同39位・29歳・ルーマニア)/アルバーロ・ロブレス (同51位・27歳・スペイン)の快進撃が止まらない。25日にスウェーデンペアを破って初のメダルを確定させた国際ペアは、準決勝でポルトガルのティアゴ・アポロニア (同54位・32歳)/ジョアン・モンテイロ(同173位・35歳)を4-3で破り、決勝まで駒を進めた。

もう一方の準決勝は中国対決。馬龍/王楚欽 (同92位・18歳)と梁靖崑/林高遠の対決は4-0で馬龍/王楚欽が制した。

馬龍/王楚欽とオビディウ・イオネスク/アルバーロ・ロブレスによる決勝は現地時間27日12時(日本時間19時)開始予定だ。

世界卓球6日目 日本選手の結果

<男子シングルス 準決勝>
丹羽孝希 3-4 梁靖崑(中国)
10-12/12-10/8-11/4-11/11-9/11-7/5-11

文:ラリーズ編集部