「自分がやりたいようにできるのは、贅沢でとても幸せなこと」

勉学もフェンシングも妥協しない。それが西沢樹のアイデンティティだ。時間を決めて切り替えることで、高いレベルで両立させてきた。突き出した剣の先には、自分が立てた目標をがむしゃらに追う、彼にしか見えない景色がある。 “赤門の騎士”の武器と夢、その輝きを記録する。