写真:木造勇人(左・愛知工業大学)と張本智和(木下グループ)/撮影:ittfworld

<2019世界卓球選手権大会・個人戦(ハンガリー・ブダペスト) 2019年4月21日~4月28日>

24日、世界選手権の男子ダブルス3回戦が行われ、張本智和(木下グループ)/木造勇人(愛知工業大学)ペアが梁靖崑/林高遠(中国)ペアと対戦。

早い段階で中国ペアと対峙することになった張本/木造ペア。序盤はリードしたものの、世界トップクラスの威力を誇る梁のフルスイングに苦しめられ、逆転で第1ゲームを失った。

張本/木造も良いプレーを見せて7-7と粘るが、中国ペアは競った場面でミスをしない。4連続失点で第2ゲームも奪われた。次のゲームは少しリスクもあるが得点力のあるプレーで得点を重ねる。木造の高速バックハンドも決まりデュースになったが、あと1点が遠く、このゲームも奪われた。

後がない張本/木造ペアは、台に近い位置で勝負する戦術に切り替える。この戦術が功を奏しゲームポイントを迎えると、張本のチキータがレシーブエースになり、11-9で1ゲームを奪い返した。しかし、日本ペアの反撃もここまで。ギアをあげた中国ペアに歯が立たず、2-11と圧倒されて敗戦を喫した。張本は16強入りしているシングルスにかける。

日本ペアの試合後のコメント

木造は「台上技術で中国ペアとの差を感じた。初出場で学ぶところが多かった。シングルスでも代表になりたい」と中国ペアとの差を振り返るとともに、今後に向けての意欲を見せた。

張本は「相手のストップはしっかり止まっているのに、こちらのストップが甘くなることが多かった。自分のバックハンド、木造さんのフォアハンドが通用していたが、いいボールは1ゲームに 1-2本。もっと増やしていければ」と具体的な課題を語った。

試合のスコア

<男子ダブルス 3回戦>
張本智和/木造勇人 1-4 梁靖崑/林高遠(中国)
6-11/7-11/11-13/11-9/2-11

文:ラリーズ編集部