写真:張本智和(木下グループ)/提供:AFP・アフロ

<2019世界卓球選手権大会・個人戦(ハンガリー・ブダペスト) 2019年4月21日~4月28日>

23日、世界選手権の男子シングルス1回戦が行われ、張本智和(4月度世界ランキング4位・15歳)=木下グループ=がバドフスキ(同140位・21歳)=ポーランド=を下し、2回戦に駒を進めた。

目標は金メダルと公言する張本のシングルス1回戦。隣のコートでは地元ハンガリーの人気女子選手ポータが熱戦を繰り広げ、会場が異様な盛り上がりを見せる中での登場となった。

第1ゲームは思い切りよく向かってくるバドフスキの攻撃を防ぐことができず、硬さが見える張本が先制を許す。第2ゲームに入ると、張本が立て直しに成功。早い打点で積極的に攻撃を繰り出し、11-4と相手選手を圧倒した。

第3ゲームも張本が奪うと、激しいラリー戦に相手選手は大粒の汗。第3ゲーム終了後にシャツを替え、流れを変えにきたが、張本はものともせず。第4ゲームも11-5で取得し、2回戦進出まであと1ゲームとした。

最後まで油断することなく、チキータなどで積極的に攻めきった張本が11-6で第5ゲームも奪い、ゲームカウント4-1で2回戦進出を決めた。

試合のスコア

<男子シングルス 1回戦>
張本智和 4-1 バドフスキ(ポーランド)
8-11/11-4/11-6/11-5/11-6

文:ラリーズ編集部