東京六大学野球春季リーグの第2週2日目が行われた。第1試合では1回戦で完封負けを喫した明大が4対3で立大に雪辱し1勝1敗のタイに戻した。勝ち点をかけた3回戦は22日に行われる予定だ。

今季初勝利を喜ぶ明大の選手たち

★序盤の堅守でリズムを作る
 守備力の差が勝敗を分ける形となった。明大は先発の竹田祐(2年・履正社)がいきなり死球と盗塁で無死二塁とされるが、続く打者のファーストゴロを一塁手の喜多真吾(4年・広陵)が落ち着いて三塁に送球してタッチアウト。2回には左中間深くの打球を中堅手の丸山和郁(2年・前橋育英)が俊足を飛ばして捕球するなど竹田を盛り立てる。
 すると3回、明大は2本の安打と2つの死球で先制すると、さらに相手中堅手のエラーでこの回3得点を挙げる。4回、立大に連打と内野ゴロの間に1点を返されるが、その裏にすぐさま内山竣(4年・静岡)のライト前タイムリーで1点を追加した。
 その後、2点を失い1点差にまで迫られたが、8回・9回を入江大生(3年・作新学院)が無安打4三振と完璧な救援を見せて明治大が逃げ切った。センバツ 甲子園準優勝も経験した竹田はこれがリーグ戦初勝利。「野手の皆さんのおかげ」と感謝した。

★初本塁打も勝利に繋がらず
 大阪桐蔭で高校通算23本塁打を放ち、甲子園春夏連覇に貢献した右のスラッガー・山田健太(立大1年)がリーグ戦4打席目にして早くも初本塁打を放った。
3点を追う6回、一死一塁の場面で代打として登場した山田は、2ストライクと追い込まれた状況で明大の左腕・磯村峻也(2年・中京大中京)が内角低めに投じた141キロのストレートを上手く弾き返し、打球はレフトスタンドに飛び込んだ。
 試合後は「試合に負けて悔しいです」としながらも、歓声を浴びてのダイヤモンド1周は「甲子園とはまた違った気持ち良さでした」と振り返った。この4年間の目標は、チームの日本一とプロ入り。既にプロで腕を磨く高校の同期たちの存在も励みに、追いつき追い越すことを目指していく。

8・9回を完璧に抑えた入江。140キロ台後半の力強いストレートを武器に来秋のドラフト候補にも挙がる

■立教大vs明治大2回戦
立大 000102000=3
明大 00310000X=4
【明】○竹田、磯村、入江-篠原
【立】●中川、江口、中崎-藤野
本塁打:立大・山田《6回2ラン》

◎明治大・善波達也監督
「竹田が粘って試合を作ってくれました。ただもう少し追加点を取れないといけません。こんなにあっさりとしているようでは・・・。いろんなことの精度を高めないといけませんね。明日はマサト(森下暢仁)に頑張ってもらいます」

文・写真=高木遊