春季リーグが開幕し、早くも「陸の王者」に勝ち点を取られてしまった立大。2年ぶりの春季リーグ優勝をするためには、もう一歩も引けない状況だ。明日から、互いに紫紺のプライドを懸けた明大戦が始まる。

特筆すべきは何といってもエース兼主将である森下暢(4年=大分商)だろう。田中誠(コ4=大阪桐蔭)、藤野(営4=川越東)らとともに日の丸を背負った経験もある、最速153キロのストレートと多彩な変化球を使い分けるプロ注目の存在だ。それだけではない。後ろには同じく140キロ後半の速球型の長身・入江(3年=作新学院)やサイドスローの伊勢(4年=九州学院)、スリークォーターの左腕・磯村(2年=中京大中京)らが控え、立大にとっては大きな壁となるだろう。対する立大は種田(2018年卒)松﨑(2018年卒)飯迫(2018年卒)らの昨年度の主力選手が抜けた。新たに4番を背負った中嶋(コ3=佼成学園)らがどう機能していくかが今後のカギとなるだろう。


豪快なスイングで会場を沸かせた山田(コ1=大阪桐蔭)

慶大戦では2試合でわずか2得点と打撃面に不安の残る立大だが、新戦力が早くもその力を発揮している。1年生ながら3番に座り、リーグ戦初戦で初安打を放った山田(コ1=大阪桐蔭)、リーグ戦初安打にして初打点を挙げた柴田(社1=札幌第一)は鮮烈な神宮デビューを飾っている。打線にも大きな刺激となったはずだ。


3本柱としての活躍が期待される中川(コ3=桐光学園)

明大打線は渡辺佳(現楽天イーグルス)や森下智(現SUBARU)、逢沢(現トヨタ自動車)らが卒業し、顔触れが大きく変わるだろう。特に通算打率チームトップの内山(4年=静岡)などが手ごわい相手も多い。田中誠、手塚(コ4=福島)、中川(コ3=桐光学園)の三枚看板に加え、江口(営4=浦和学院)、小幡(観2=立教池袋)らで失点を最低限に抑えることができるかがキーポイントだ。

「どんな手を使ってでも勝ちにいきたい」。と宮が語るように、ここで負けると優勝争いから大きく外れることとなる。3季連続で明大に負け越している現状を“打破”するためにも、投打の噛み合ったチームになることが絶対条件だ。優勝争いでは終われない、勝利の杯を手にするまでは。                   
 (4月19日・文/田中優里)