TEAM
神奈川大
早 大
(早)早川、●西垣、上條、田中星、今西、柴田、徳山―小藤

 神宮球場ではついに東京六大学春季リーグ戦(春季リーグ戦)が開幕した。第2週から試合が組まれる早大はこの日、神奈川大との最後の春季オープン戦を行った。雰囲気としては完全な調整試合。早大はエース早川隆久(スポ3=千葉・木更津総合)をはじめとし、ベンチ入りした投手7人全員を登板させた。結果として先発・早川が被弾するなど一抹の不安も残ったが、救援陣は軒並み好投。しかしその一方で打線が好機らしい好機をほとんどつくることができず、5回の小藤翼副将(スポ4=東京・日大三)の犠飛による1得点のみと、春季リーグ戦に向けて大きな課題を残した。

 完全な調整試合だった。これまでの約1カ月半、春季オープン戦で試行錯誤を繰り返してきた投手陣。この日はその総まとめとも言える試合で、春季リーグ戦ベンチ入り予定の投手はほぼ全員起用された。先発はエース早川。2回に相手の4番に特大の一発を食らう失投もあったが、2イニングを投げて許した走者はその一人のみ。球威もあり上々の仕上がりだった。2番手は、カード第2戦目での先発起用が予想される西垣雅矢(スポ2=兵庫・報徳学園)。しかし、登板直後に四球で走者を許すと適時三塁打を打たれ失点した。立ち上がりの失点だけに、次回は気を付けたいところだ。その後は救援陣が1イニングごとの継投でつなぎ、盤石の無失点リレー。仮に先発が崩れても、救援陣で試合がつくれることを証明した。なおこの日は、けがで長期離脱していた今西拓弥(スポ3=広島・広陵)が待望の春季オープン戦初マウンド。1イニングを投げ2つの三振を奪い、リーグ戦での起用に問題がないことを示した。


復帰登板で1回を打者3人で抑えた今西

 上位打線のバットが湿った。この日のスタメンはフルメンバー。本来なら1、2番が出塁しクリーンアップで返すような攻撃が期待されたが、この日は完全に沈黙。チームの総安打は5本だったが、放ったのは全て6番以降と厳しい現実が浮き彫りとなった。試合は2点を先制されて迎えた5回、檜村篤史副将(スポ4=千葉・木更津総合)の四球と中川卓也(スポ1=大阪桐蔭)の左前打で無死一、三塁とする。ここで打席の小藤がしっかり右翼へ犠飛を放ち、1点を返した。なおも山田淳平(教4=東京・早実)の右前打などで一死満塁と逆転の好機。しかし、上位を任される1番・瀧澤虎太朗(スポ3=山梨学院)と2番・金子銀佑(教3=東京・早実)が相次いで凡退し、好機を逸した。結局、得点の好機はこの回のみと、虚無感が残った。


確実に犠飛を放つ小藤

 春季リーグ戦初戦まで1週間を切った。今季は早大OBで元プロ野球選手の小宮山悟監督(平2教卒=千葉・芝浦工大柏)の就任もあり、早大への注目度はこれまで以上に高い。そんな中でこの日のような攻撃はあまりにも寂しい。投手陣は奮起しているだけに、打線がつながりさえすれば必ず勝利はつかめるはずだ。悲願の7季ぶりVに向けて、まずは今週末の東大戦で勢い付きたい。

(記事 吉岡拓哉、写真 望月清香)

 

春季リーグ戦の日程はから