TEAM
立 大
慶 大
(慶)○木澤、佐藤、増居―郡司
◇(二塁打)嶋田、中村、福井 ◇(本塁打)中村(1号2ラン)

 立大との2回戦は、先発・木澤尚文(3年)が6回1失点の好投。続く救援陣も、立大打線に反撃の糸口を与えない投球を見せた。打撃では、初回に中村健人(4年)が2ラン本塁打を放ち先制。3回に木澤が1点を返されるが、その裏に敵失や再び中村の適時二塁打などで3点を追加すると、さらに7回にも2点を加点しリードを広げた。立大に快勝し、連勝で勝ち点1を挙げた。

 初回、先発の木澤は制球が定まらず、四死球を与えてしまう。しかし、2回以降は徐々に制球が安定。3回に立大3番・柴田颯(1年)に右越えの適時三塁打を浴び1点を奪われるも、その後は最速150キロの直球を中心に投球を展開。要所ではスライダーなどの変化球を織り交ぜ、6回1失点の力投を見せた。


先発・木澤は6回1失点と力投した

 打線は初回裏、前日3安打をマークした好調の1番・柳町達副将(4年)が中前打で出塁。ここから1死二塁とすると、打席には3番・中村。すると左越えの2ラン本塁打を放ち、幸先良く2点を先制する。1点差に詰められた3回には、先頭の9番・木澤が右前打で出塁。続く柳町も四球を選び、無死一、二塁に。ここで2番の渡部遼が投手前に絶妙なバントを決める。しかし、これを捕球した相手投手が一塁へ悪送球。この間に木澤が生還し1点を加えた。なおも無死二、三塁と好機は続く。ここで初回に先制の本塁打を放った中村が適時二塁打を放ち、さらに2点を追加。この回3点を奪い、好投する木澤を援護した。その後も、7回には2死二、三塁の場面で代打・福井章吾(2年)が左翼フェンス直撃の適時二塁打を放ち、さらに2点を加える。立大投手陣を見事に攻略した。


初回に先制2ランを放つ中村。この日4打点の活躍を見せた

 打線の援護を受けた投手陣は、7回から佐藤宏樹(3年)が登板。けがに泣かされ、3季ぶりのマウンドとなったが、最速149キロの直球を中心に力強い投球を見せ、三者凡退に抑える。続く8回は安打と四球を許すも、三つのアウトを全て三振で仕留め、立大打線に反撃の隙を与えなかった。最終回はルーキーの増居翔太(1年)がリーグ戦初登板。2死から四球と右前打でピンチを背負うも、最後の打者を見逃し三振で抑え、7-1で勝利を収めた。


リーグ戦復活登板を果たした佐藤

 立大とのカードを連勝で終え、勝ち点1を挙げた慶大。2季ぶりのリーグ戦制覇へ幸先の良いスタートを切った。この試合では4番・郡司裕也主将(4年)の快音は響かなかったが、1番・柳町によるチャンスメークからの好機を確実に生かし、立大に付け入る隙を与えなかった。投手陣は、木澤が立ち上がりに若干の不安を残したが、終始力のある速球で相手打線を抑える好投。また、注目したいのが2番手で登板した佐藤だ。この日は2回を投げて6奪三振。およそ1年のブランクを感じさせない、圧巻の投球であったと言えるだろう。投打共に好調ぶりを見せる慶大。宿敵の攻略は、早大が優勝を目指す上で避けては通れないものであろう。

(記事 石黒暖乃、写真 今山和々子、柴田侑佳)