TEAM
慶 大
立 大
(慶)○髙橋佑、髙橋亮―郡司
◇(二塁打)嶋田

 2季ぶりの東京六大学リーグ戦(リーグ戦)制覇へ、『陸の王者』の戦いが始まった。初戦の相手は昨秋5位に終わり、雪辱に燃える立大。慶大は初回に正木智也(2年)の適時打で先制すると、一時は同点とされたが4回に勝ち越し。その後8、9回にも加点し、立大を突き放した。投げては髙橋佑樹(4年)、髙橋亮吾(4年)の『W髙橋』が立大打線を1点に抑える好投。投打がかみ合い、開幕戦を白星で飾った。

 打線は初回、先頭・柳町達副将(4年)の中前打を皮切りに、2死一、二塁の好機をつくる。ここで打席には、この春から中軸を任されている5番・正木。慶大期待の星が中前適時打を放ち、幸先よく先制点を奪った。同点に追い付かれて迎えた4回には、無死から正木、嶋田翔(3年)の連打で好機を演出する。その後1死一、三塁となり、8番・瀬戸西純(3年)の当たりは二塁後方への浅い飛球に。これが飛び込んできた中堅手のグラブをはじき、勝ち越しの適時打となった。


初回に適時打を放つ5番・正木

 先発の髙橋佑は序盤制球が定まらず、2回には2死三塁から相手先発・田中誠也副将(4年)に左越えの適時二塁打を許してしまう。しかし3回以降は立ち直り、5回まで走者を出させない完璧な投球を披露。6回は死球と安打で2死一、三塁のピンチとなったが、6番の好打者・三井健右(3年)を二ゴロに打ち取り反撃を許さなかった。髙橋佑は7回まで投げ5安打1失点。エースにふさわしい投球で試合をつくった。


先発・髙橋佑は7回1失点の好投を見せた

 髙橋佑の好投に応えたい打線は8回、嶋田の二塁打から2死三塁の好機をつくる。ここで代打・福井章吾(2年)の遊ゴロが相手遊撃手の悪送球を誘い、待望の追加点を獲得した。その裏から登板した髙橋亮は、先頭打者に安打を許すも後続を3者連続三振に仕留め、流れを渡さない。すると慶大は9回にも1死一、三塁の好機を迎える。ここで、続く田中凌馬(4年)の打球は浅い中飛に。犠飛となるには伸びが足りないかと思われたが、三塁走者の渡部遼人(2年)が快足を飛ばして生還。大きな1点を獲得した。その裏は髙橋亮が三人で締め、4-1で勝利を収めた。


渡部遼の足で貴重な追加点を奪った

 これで3季連続の開幕白星スタートとなった慶大。今年は昨年のレギュラーメンバーがほとんどそのまま残っており、優勝候補筆頭とも言われている。特に1番の柳町はこの試合で3安打を放ち、リーグ戦通算100安打まであと12本とした。また、4番の郡司裕也主将(4年)は2017年の春季リーグ戦以来4季ぶりに開幕戦で安打を記録。2年春に3割4分5厘、3年春に3割6分5厘といずれも高打率を残している『春男』が、さらなる活躍を予感させた。投手陣では、昨秋6勝を挙げた絶対的エース髙橋佑が今季も健在。さらにはこの試合で150キロを計測した髙橋亮など、救援陣も充実している。『陸の王者』を体現したような今年の慶大ナイン。7季ぶりの優勝を狙う早大にとって、大きな壁となるだろう。

(記事 池田有輝、写真 望月清香、江藤華)