写真:森薗政崇/撮影:ittfworld

3月2日、3月3日に仙台で開催された卓球ジャパントップ12。世界選手権の代表選考会も兼ねたこの大会で、男子代表の座を勝ち取ったのが森薗政崇だ。

幼い頃から「天才少年」と呼ばれてきた森薗だが、大島祐哉とのダブルスでは世界ランキング1位になるなど、その実力は折り紙つきだ。21日からの世界選手権でも男子シングルスに加え、男子ダブルス(大島祐哉ペア)、混合ダブルス(伊藤美誠ペア)の3種目にエントリーされた。

張本智和、丹羽孝希、水谷隼をはじめとし層の厚い日本代表だが、選考会を勝ち抜いて勢いに乗る森薗にも期待がかかる。

過去には人気番組への出演も

日本代表の座を勝ち取った森薗には世界選手権の話題で注目が集まっているが、過去にはちょっと変わった内容で、人気テレビ番組「水曜日のダウンタウン」に出演したことがある。

森薗が出演したのは同番組の人気企画「みんなの説」の「片腕だけが太い結構な岩兵衛存在する説」と題した回だ。(2018年4月18日放送)
この説は、漫画「花の慶次」に登場する「岩兵衛」にちなんだもの。岩兵衛は左腕が右腕に比べて極端に太く発達しているというキャラクターだ。番組では、そんな岩兵衛のように片腕だけが極端に太い人が実在するかどうかが検証された。

森薗は腕相撲選手やプロボウラーに混ざってVTRで出演。腕周りを計測し、左右でどのくらい差があったかを発表。
その結果は、直径にして前腕が3.5cm、上腕が5.5cmも左腕の方が太いという結果に。森薗は「卓球岩兵衛」と称され、明らかに左腕が太くなっているその姿にスタジオでもざわめきが起こっていた。




写真:森薗政崇/撮影:伊藤圭

いよいよ21日から世界選手権がスタート

4月21日に迫った世界選手権、森薗は個人戦のシングルスでは初の代表入り。メダル獲得が期待される日本代表だが、卓球岩兵衛・森薗をはじめとした選手たちの鍛え上げられた肉体にも注目だ。

文:石丸眼鏡(卓球ライター)