写真:張本智和(木下グループ)/撮影:ラリーズ編集部

<LION ITTF・ATTUアジアカップ横浜2019(横浜文化体育館) 2019年4月5日~4月7日>

6日、横浜文化体育館で開催されている卓球アジアカップ2019は大会2日目を迎え、男子シングルス準々決勝が行われた。

張本が李尚洙を下し準決勝進出

前日の予選リーグで馬龍(中国、4月度世界ランキング11位)に敗れるも、2勝を挙げ、B組を2位で通過した張本智和(木下グループ・同4位)は、韓国のエース李尚洙(同6位、Tリーグ岡山リベッツでプレー)と対戦。

張本は、チキータやストップなどの台上プレーで主導権を握り、序盤から試合を優位に進める。李尚洙も持ち味の威力ある両ハンドドライブで1ゲームを奪うも、徐々に対応した張本が4-1で勝利を決めた。

丹羽が黄鎮廷との接戦を制し準決勝へ




写真:丹羽孝希(スヴェンソン)/撮影:ラリーズ編集部

2勝1敗でC組を1位通過した丹羽孝希(スヴェンソン・同8位)は、黄鎮廷(中国香港、同14位。TリーグT.T彩たま所属)と対戦した。

各ゲーム接戦となるも、要所でミスをしなかった丹羽が4-1で勝利し、準決勝へ駒を進めた。普段冷静な丹羽が、勝負所で得点を奪いガッツポーズする場面も見られた。

黄鎮廷との対戦直後に丹羽は「苦しかったけど勝てて良かった。アジアはレベルが高いのでその中でベスト4に入れたのはすごく自信になる。ここからはノンプレッシャーで、今までの試合よりも思い切ったプレーをしたい」とコメントした。

準決勝で張本は樊振東(中国、同1位)と、丹羽は馬龍とそれぞれ対戦する。
張本は昨年のアジアカップの予選リーグで樊振東を破っており、注目のカードだ。

アジアカップ2019 男子準々決勝結果

〇樊振東(中国) 4-1 林昀儒(チャイニーズタイペイ)
11-9/11-7/11-8/8-11/11-8

〇張本智和(日本) 4-1 李尚洙(韓国)
11-6/11-7/7-11/11-5/11-9

〇丹羽孝希(日本) 4-1 黄鎮廷(中国香港)
12-10/6-11/11-9/12-10/12-10

グナナセカラン(インド) 1-4 〇馬龍(中国)
5-11/6-11/11-6/6-11/3-11


文:ラリーズ編集部